より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME年代別に見る京都の転職事情
30代から未経験職種への転職

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

30代から未経験職種への転職

「30代の転職は難しい」そう言われていたのは数年前のこと。転職成功率は年々上がっており、中には未経験職に挑戦する人も増えています。成功のカギは「注意点とアピール方法」を知ること。30代転職活動に関する情報をまとめているので、参考にしてみてください。

30代での転職事情

「30代に入ってからの転職」と聞くと、難しい選択に感じる人が多いかもしれません。実際、20代の頃に比べれば、思うようにはいかないことも増えるでしょう。しかし、近年30代の転職成功率は上がってきています。それは経験を活かせる同職種への転職に限らず、未経験への転職も含めです。

資格がなくても、経験がない職種でも、成功の可能性は大いにあります。カギを握るのは、「30代の転職活動」について知ることです。

まずは、転職の理由を振り返ることから始めましょう。転職を検討している人から多く上がった内容をまとめてみました。

  • いつまでたっても給料が上がらない
  • 自分に合っていない仕事だと感じる
  • ココにいて今後成長できると思えない
  • 派遣社員、契約社員を卒業したい
  • 明るい将来が見えない
  • 数十年後もこの会社が続くと思えない
  • 福利厚生への不満
  • 人間関係がうまくいかない

中でもとくに多いのは、給与に関する悩みのようです。20代のうちは、同世代の友人で集まっても収入の差をあまり感じなかったはず。しかし、30代へ突入した途端に状況は一変します。職種によって収入に大きな差が出はじめ、「このままじゃ…」と焦りを感じて、転職を考えた人も多いのでは?それは正しい選択です。30歳を境に、年を重ねるごとに収入の差はどんどん開いていきます。

国税庁が調査した平均年収のデータによると、30代前半は397万円なのに対し、30代後半は432万円。同じ30代でも30万円以上の差があるんです。40代、50代へと突入すると平均年収は500万円超えに。(参照:平成27年度 国税庁民間給与実態統計調査)

契約社員や派遣社員、フリーターのままでいては、平均年収に遠く及ばないまま、細々とした将来を迎えることになってしまいます。

30代前半こそ、今後の収入を大きく決める分岐点。人生の大逆転を狙いたい人にとっては「ラストチャンス」と言っても過言ではありません。未経験職の中から、これまでの経験を活かして将来的に成功できる仕事を見つけていきましょう。

30代で未経験分野へ転職する際の注意点

何も知らずに20代の時と同じ感覚で転職をはじめたなら、待っているのはいばらの道。慎重になることが30代転職成功の秘訣です。押さえておくべき注意点は2つ。「転職のデメリット」と「30代の転職者に求められるポイント」を知ることです。詳細をまとめました。

[1]転職のデメリット

デメリットを把握すれば、30代転職への対策を前もって打つことができます。30代、これが未経験職へ挑戦できるラストチャンスかもしれません。希望を自ら断たないために、後悔しないために、デメリットを知って解消していきましょう。

30代の転職活動期間は長引く

20代のころに比べると決して簡単ではないので、転職活動が長期化する可能性は大きいです。もし、会社を辞めてから職を探しはじめたなら、大抵の人は転職活動中に貯金がつき、生活すらままならない状態に…。働いている間に余裕をもって転職先を探し、退職時までには転職先が確定しているのがベストです。

数撃ちゃ当たるは通用しない

「面接をたくさん受け、内定をもらった会社の中から選ぶ」「合わなかったら次の職種にトライする」これの方法が許されるのは20代まで。もちろん、さまざまな職種を経験するのは悪いことではありません。20代のうちなら「チャレンジ精神がある」とプラスに受け止めてくれる会社もあるでしょう。しかし、30代であまりに転職回数が多いと、「経験しても学ばない。次の仕事に活かせない人なのでは?」と疑われてしまいます。転職回数を増やさないためにも、安易な妥協をせず、たくさんの職種に目を通し、「続けたい」と思える会社だけに絞りましょう。焦って転職先を選び、働きはじめてからまた「辞めたい」と思ってしまっては、転職した意味がありません。

“一時的な苦労”は避けられない

未経験職種への転職は、採用されてからが大変。初めて目にする仕事、知らない用語、覚えなければいけないことだらけです。最初のうちは、会社で教えてもらうだけでは仕事が間に合わなかったり、周りに追い付けなかったりということがザラにあります。帰宅してからも勉強、休日はセミナーや講習会に行くという日々が続くかもしれません。その時に耐えられるかどうかをイメージしておくことが大切です。将来的な成功を掴むために、一時的な「苦労」をする覚悟があるか、転職活動をはじめる前に決意を固めましょう。

将来を見据えないと判断を間違える

ただ自分に合っている仕事を選ぶのではなく、「将来的に続けられる仕事かどうか」が大切です。今の自分には合っていると感じた仕事でも、数十年後の体力では続けられないかもしれません。その場合、気づいたときには転職が難しい年齢になっていることでしょう。後戻りできないとふまえ、「生涯的に続けられる仕事かどうか」を念頭に置くことが大切です。

30代の転職者に求められるポイント

30代の転職者に企業が求めること。それは「これまでの経験を活かせる即戦力」「いずれ会社の中核となりそうな人材」です。働いてきた職種が違ったとしても、マナーや指導力、業務に対する姿勢などの社会人スキルは存分に活かせるはず。そこをしっかりとアピールしていきましょう。ただし、専門的なスキルが必要になる職場で、なにもせずに即戦力になるのは不可能です。働いてみたいと思った職種に関連する資格や情報を得ておくと、転職成功へ近づきます。資格取得は、面接で姿勢や熱意の表れとして評価される可能性も。未経験歓迎と銘打っている会社は「熱意」を評価基準にしていることも多いので、下準備をしておけばしておくほど有利ですよ。

また、転職活動をはじめたとき、面接や履歴書の書き方など意外と忘れてしまっているもの。仮に、新卒時に学んだ「採用されるコツ」を覚えていたとしても、時代や職種、転職する年齢によっても効果的な方法は変化しています。最適な方法を知りたいなら、転職経験者に聞くのが効率的でしょう。周りの友達の話やネットの体験談を参考にしてみるのも良し。面接ノウハウや転職情報をこまかく知りたいなら、転職のプロにアドバイスしてもらう手もあります。

30代での転職体験談

経験を活かせるアピールがカギ

何社か面接してみて分かったのが、30代の転職を前向きに捉えている会社が意外にも多いということ。どこの会社も…という訳ではありませんが、「ほかの会社で積んできた経験をどう活かしてくれるのか」と、興味をもってもらえるケースが多かったです。最終的に、信販会社に勤めることが決まりました。(30代・信販会社勤務/男性)

もしかしたら30代のチャンス期かも?

転職活動をしている中で思ったんです。もしかしたら時代も関係しているのかなって。私の世代って、新卒だった時期にちょうどバブルが崩壊したんです。だから、当時は企業側も「雇いたくても雇えない状況」って感じで。だから、それを分かっている会社が今30代を積極的に採用しているのかもしれません。あくまで私の推測なんですけどね。(30代・人事/女性)

努力で補える年齢!それが30代です

努力すれば認めてもらえます。未経験で専門的なスキルがなくたって頑張れば補える年齢、それが30代です。自分の中でそう信じていましたし、企業側もそういう視点で見てくれたので転職できました。面接前はもちろん、受かった今もなお資格取得への挑戦を続けています。仕事のためというのもありますが、「僕は継続できる人間です」というアピールになるからです。ほかに求められているのは、年相応の社会人マナーや対人スキルですかね。(32歳・ソフトウェア会社/男性)

積極的にアピールしたもの勝ちです

やはり、ある程度社会人として経験を積んできている年齢なので、面接では「新社会人よりも即戦力になるはず」と期待されているのを感じました。やってみないと分からない部分が大きいので、自己アピールの目安を用意しておくといいかもしれません。例えば資格。「未経験ですが、この仕事がしたくて何か月で資格を取りました!」とか、即戦力アピールを簡単にできるのでおすすめです。資格取得が難しければ、大見得をはって「できます!」と言うくらいがいいのかもしれません。(30代・ビジネスコンサルティング/男性)

転職から学んだのは経験と自信

私はいくつもの職を転々としてきました。今まで、営業や販売、事務やアシスタントなど、幅広い業界で働いてきたので経験があります。いろんな職をかじったおかげで、「どんな仕事でもやっていける」という自信もありましたね。ただ、転職するたび、ちょっとずつ企業の対応が変わっているのを感じていました。「今までのようにはいかない」と確信したのが30代。「これ以上は年齢的に厳しい」という恐怖を感じ、手遅れになる前にと今の職に落ち着きました。(34歳・ビル管理業/女性)

転職活動を楽しめるかどうかは自分次第

転職活動、周りに言われていたほど難しいとは思いませんでしたね。というのは、多分僕がこだわりの強い性格だったから。「やりたい仕事」を見つけさえすれば、後はとことん追求するだけでした。調べたり勉強したりを「面倒」ではなく「楽しい」と思えるタイプなので。とくに無理せず頑張れましたね。(30代・呉服小売業/男性)

30代にして、やっと夢が叶いました!

学生時代、医療関係の仕事に就くのが夢でした。でも、人生は思い描いたとおりにはいかず…就いたのは別の職種。でも、30代になるまで僕はその夢を諦めてなかったんです。働きながらも、夢をかなえるための努力を怠りませんでした。30代になって、思い切って転職を決意。面接で、「今まではまったく別の仕事をしてきたので実務経験はありません。けど、夢をかなえるためにずっともがいてきました」と、熱く語ったところ、評価していただきました。熱意が伝わって嬉しいです。(30代・医療業卸売商社/男性)

やりがいと経験値をゲット

未経験の広告会社に転職して、仕事に対するやりがいを感じるようになりました。この仕事をはじめてから、経験値も一気にアップしたと思います。ただ、未経験だったので、正社員ではなく契約社員として雇用されました。働き始めてそろそろ3年がたつので、「社員登用の話が出てもいい頃なんじゃないかな~」と思っています。(30代・広告会社/女性)

未経験職!毎日の生活にハリがあります

私が未経験で飛び込んだのはWEB製作会社。毎日やりがいがある仕事で、以前より生活にハリがでています。ただ、もともとハードな仕事なうえ、私は未経験で1から勉強している身なので、忙しさに追われる日々。残業続きで妻には迷惑をかけているのが申し訳ないです。体力的も落ちているので、もう少し若いときに転職していれば…という気持ちが少しだけありますね。(36歳・WEB製作会社/男性)

粘り強くないと難しいかも…

新しいことに挑戦してみたくて、未経験の職種の企業に履歴書を送ったものの、ほとんど書類審査で落とされてしまいました。めげずに頑張って今の仕事に就きましたが、「30代で未経験職への挑戦は想像以上に難しい」というのが正直な私の感想です。(30代・医療事務/女性)

まとめ

注意点と体験談をふまえると、30代で未経験職への転職を成功させるには「今までの経験をうまく活かす」「生涯続けられる仕事かどうか見極める」「一時的な苦労を覚悟する」以上3つが必須。

これからの人生を決める転職になりますから慎重に行くべきところです。が、時間が限られているというのもまた事実。30代前半のうちに転職を成功させるには、いち早く行動することがカギです。

「今までの経験の活かし方が分からない」「いい会社かどうか見極められない」という人は、無料で転職活動をサポートしてくれる“転職エージェント”を利用してみてはいかがでしょうか?採用されやすい履歴書や職務経歴書の書き方、面接のコツを教えてもらえるほか、面接のセッティングや給与交渉の代行もしてもらえますよ。求人誌には載っていない「30代未経験OK」の企業も紹介してもらえるので、幅広い職種の中から採用してもらえる可能性の高い会社だけをチェックできます。効率的に転職活動を進めたい人は、ぜひ試してみてください。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー