より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME
職種別に見る京都の転職事情

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

職種別に見る京都の転職事情

京都府には寺院をはじめとする名所旧跡や景勝地、伝統文化に関わる観光資源が豊富にあり、一般的には観光都市の印象が強いと思われます。

しかし、ものつくり系の工場や先端技術を武器に海外展開している企業も少なからずあります。

京都エリアの転職事情~求人は京都市に集中

京都府の経済規模は全国的に見ても比較的高い水準にあり、関西全体では大阪府、兵庫県に次いで3番手につけています。

人口は京都市に府全体の半分以上が集中しているため、求人も京都市あるいは京都市内に通勤できるエリアが最多となっています。

中小企業が全国平均よりも多め

従業員9名以下の事業所が全体の8割ほどを占めていて、これは全国平均よりもやや高い数値です。従業員300名以上の大企業が少ないと言われてきましたが、この点は年々改善され、今では全国平均とほぼ同じとなっています。

製造業・伝統産業が盛ん

京都府の産業構造については、府内総生産から見ると最も多くを占めているのが製造業となります。実際、京セラ、オムロン、任天堂、島津製作所、村田製作所、ローム、日本電産など、海外展開をしている世界的にも知名度の高い大企業が京都に拠点を構えています。

一方、事業所数や従業者数から見るとサービス業や卸売・小売業が多くを占めています。実際、求人件数が多いのは、サービス業・飲食業、接客業、販売・営業職です。また、伝統的工芸品と指定されている品目が計17品と、京都が全国で最多となっています。こうした「ものつくり」に携わる働き手が多いのも京都の特徴といえるでしょう。

さらに京都大学をはじめとする48の学術機関があり、産学公が連携した研究も数多く行われています。

京都における職種別の転職事情

では、京都の転職事情を職種別にご紹介していきましょう。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー