より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

事務・管理部門職

このページでは、事務・管理部門職にはどのような種類があるのか、その職の年収相場はどのくらいかをまとめています。一口に事務職、管理部門職と言っても、その業務領域は広範であり、企業によって役割は少しずつ違っています。

事務・管理部門職の職種例と年収相場@京都

ここでは、一般的な事務職、管理部門職を紹介していきます。

一般事務(庶務)

  • 年収相場は200万~500万円といったところ

企業のそれぞれの部門に配属され、その部門での事務業務をこなします。

事務業務の内容は、電話や来客の応対から伝票処理、書類作成、小口金や備品の管理まで広範囲にわたっています。

エクセルやワードといったオフィスアプリケーションのスキルは必須です。

総務

  • 年収相場は250万以上
    不動産管理や株主総会の運営などの専門性を備えている人は1,000万円ほどの高給です

企業や組織全体に関わる事務業務を一手に引き受けます。

事務業務の内容は、備品や機器の手配からオフィスの管理、社内環境や福利厚生制度の整備、企業主催のイベントの運営など、じつに広範囲です。

京都での総務の転職体験談を読む≫≫

人事(労務)

  • 年収相場は300万~1,000万円といったところ

企業の人材に関わる業務を受け持ちます。人材採用や昇進・異動・転勤といった人材配置、人事制度の策定、給与計算や勤怠管理、教育研修、社会保険加入手続きなどが主な仕事となります。

社員の評価に関わる情報を扱うため、守秘義務を守れる人が選ばれます。

京都での人事(労務)の転職体験談を読む≫≫

経理

  • 年収相場は300万円以上
    決算に関するノウハウなど高い専門性が身についていれば、1,000万円ほどにもなります

企業のお金の管理を行います。主な仕事は、小口生産などの現金管理、預金管理、売上や入金の確認、収益バランスの分析、決算、納税、予算策定などです。

簿記や会計士、税理士の資格を持っているのが望ましいといえます。

京都での経理の転職体験談を読む≫≫

受付

  • 年収相場は200万円以上
    秘書検定資格や英会話資格などを持っていると400万円以上にもなりえます

来客応対のスペシャリストだといえます。アポイントやスケジュールのチェック、来社したお客様の応対などが主な仕事となりますが、企業によってはアポイントやスケジュールをパソコンで管理する場合もあり、パソコンのスキルが必要となります。

広報

  • 年収相場は300万~800万円ほど

企業活動を広く発信し、自社の商品やサービスの情報、理念などを正確に伝える仕事です。

主な仕事は、プレスリリースやパブリシティを準備しメディアに流してのPR、マスコミ取材の対応、社内報などを使っての全社的な情報共有などです。

京都での広報・マーケティングの転職体験談を読む≫≫

秘書

  • 年収相場はだいたい300万~700万円です

社長をはじめとする経営陣や政治家、医師、大学教授が仕事に集中できるように、雑務を代行します。

主な仕事は、スケジュール管理、社内外への連絡、資料や書類の作成・手配、電話や来客の応対、メールや手紙などのチェックが挙げられます。

事務・管理部門職の京都の募集例

■募集:経理・総務

  • 仕事内容
    経理および総務業務全般。業務領域は広範になりますが、
    積極的に取り組んでいける方を求めています。
  • 勤務地
    京都市内
  • 給与
    年収250万以上
  • その他の条件
    経理の実務経験3年以上

■募集:人事

  • 仕事内容
    本社の新卒・中途採用から人事・労務に関連する業務まで。
  • 勤務地
    京都市内
  • 給与
    年収450~500万円
  • その他の条件
    人事経験3年以上、パソコンスキル

■募集:営業事務

  • 仕事内容
    営業スタッフのもとでアシスタント業務をしていただきます。
    スケジュール管理や資料作成が主な仕事です。
  • 勤務地
    京都市内
  • 給与モデル
    年収200万以上
  • その他の条件
    事務経験2年以上、要英語力

 

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー