より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME職種別に見る京都の転職事情
英語力はあったほうが有利?

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

英語力はあったほうが有利?

京都で転職を考えている人に向けて、転職の際の英語力の重要性について解説しました。

京都での転職を考える方必見!有利に働く英語力

英語力がなければ、転職に不利な時代になっていると言われています。もちろん、英語ができなければ転職できない、というわけではありません。いかにグローバル化が叫ばれる昨今でも、現場において英語を必須とされるのは、限られた一部の人たちだけです。

ではなぜ、これほどまでに英語力が重要視されているのでしょう?

日本は少子高齢化の道を急速に歩んでいます。現に人口数も衰退傾向にあり、企業から見れば、国内のみでは商売ができなくなってきているのが日本企業の現状です。

ともなれば、海外への市場展開を考えるのは至極当然。現時点で英語力を必要としない企業でも、近い将来には確実に、英語が必要となることが容易に予測されます。

転職採用とは、その近い将来に活躍してくれる人材を確保する、という人事戦略。英語力がある人が転職に有利なのは、自明の理なのです。

英語力のある・なしで転職にどのような違いが出るか?

    • ビジネス英語が十分に活用できる人
      まったくの異業種にも転職ができる可能性が高くなります。転職してほどなく、海外勤務もありうるでしょう。英語のスキルが高ければ職種の幅も広がり、新たな人生をスタートさせることができる程のポテンシャルを持っている、ということになります。
    • 日常会話レベルの英語力がある人
      経験実績から前職と同じ業種の転職も可能ですし、日常会話程度の英語力があれば、今後の活躍は期待されます。異業種への転職も成功する可能性も。ただし、すぐに海外勤務となる可能性は、少々低いといえるでしょう。
    • 英語がまったくできない人
      前職と同じ世界にしか転職できない可能性があります。異業種に転職できたとしても、前職よりも待遇が悪くなる可能性も考える必要があります。

どのタイプにおいても、最も重視されるのは職業スキルでしょう。前職までの営業実績や経験年数が重視されるのは言うまでもありません。

しかし上記のように、英語力のある・なしは実際の仕事や実績以上に、転職に大きな影響をおよぼすことが分かります。少なくとも転職の入り口、間口はとても広くなるというのが現実です。

人生の幅を広げる意味でも、英語力を磨くことに損はないといえるのではないでしょうか。

京都で英語を活かせる仕事を徹底調査!

京都は世界中から観光客が訪れる国際観光都市です。接客業をしていれば、英語を使う機会はいくらでもあります。英語力のブラッシュアッブのために、あえて観光スポットで接客業のアルバイトをするという学生もいます。

しかし、そういったショップ店員などの接客業の求人広告を見ると、採用時に英語力は要求していないケースがほとんどです。視点を変えると、京都で仕事をする場合は、簡単な日常会話程度の英語ができて当たり前だということなのです。

京都で求人広告に「英語力を活かした仕事」と書いてあったら、完璧なビジネス英語まではいかなくても、「日常会話は不自由なくこなせるレベル」を求められていると考えましょう。TOEICスコアでいうなら、750点以上は必要になります。

では、実際にどんな仕事があるのか見てみましょう。

英文事務や貿易事務などのオフィスワークは正社員登用が前提

観光業ばかりに注目されがちが京都ですが、実は製造業も盛んです。京セラ、オムロン、ローム、島津製作所、堀場製作所、ワコール、任天堂といった世界的なシェアを誇る企業が京都に本社を置いています。そのため、英語が必須の仕事も豊富。

なかでも英文事務、貿易事務、海外営業といった職種は、常に求人が出ている状態です。

他県ではあまり見られない京都の特徴として、英文事務や貿易事務は、正社員登用前提の契約社員募集や紹介予定派遣が多いことが挙げられます。

これは非正規雇用から正社員登用を目指す人にとって、非常にうれしいことですね。

オペレーターや英会話講師、留学カウンセラーなども

英語が活かせるオフィスワークとしては、ほかに海外企業相手のコールセンターのオペレーターがあります。案内する内容については研修があるので、英語さえ使えれば未経験者でも対応可能です。

英語が求められることが多い土地柄もあり、英会話講師の求人も常に出ています。外国人講師のいる語学スクールでは、事務スタッフでも英語力を前提とした採用が行われています。

少々変わった職種としては、留学カウンセラーが挙げられます。これは学生のニーズに合わせて留学プランを設定し、留学先との交渉や渡航の手配などを行う職業です。

時には渡航先での生活についてアドバイスをすることもあるため、英語が話せるだけでなく、英語圏の文化や風習を理解している必要があります。

英語力が給与に反映される職種はタクシー運転手

外国人観光客の多い京都では、観光関係の職種のほぼすべてで英語力が求められます。求人情報で目立つのは観光ガイドや通訳サービスですが、これらの職種には英語力に加えて観光スポットなどの知識も必要となります。

注意しなければならないのは、それだけ幅広い知識が要求されるにもかかわらず、給与面での考慮はほとんどないこと。また、アルバイトでの募集が多く、正社員の求人はほとんどありません。

観光関係で正社員の募集があるのは、ホテルやゲストハウスといった宿泊施設です。美術館や博物館、伝統工芸館などの案内スタッフの求人もあります。これらの仕事は、英語力による給与面の優遇も多少は行われています。

それでは英語力が圧倒的なアドバンテージになる職業は何かというと、実はタクシー運転手なのです。貸切りで観光スポットを巡る観光タクシーサービスでは、英語でのガイドができると収入も約1.5倍に跳ね上がります。

もちろん営業には2種運転免許が必要ですが、会社の経費で2種免許を取得できることも少なくありません。

短期間で高収入が狙える国際会議の通訳

常に仕事があるわけではないものの、英語力を活かして短期間で高収入が狙える仕事もあります。それは、国際会議での通訳です。 世界的な観光都市の京都では、さまざまな国際会議も随時開催されています。

このような場で通訳をするには、観光客向けの通訳サービスと違い、専門的な高い英語力が要求されます。その分、給与もかなり好待遇となっています。

ただ、採用されるにはそれなりの実績も必要です。そのため、普段はフリーランスで翻訳の仕事をこなして実績を作り、国際会議の時のみ通訳をするといった人もいます。

このように、京都には英語力を活かせる仕事の求人が多数あります。スキルが給与に反映されるかどうかにも注意しながら、能力を最大限活かせる仕事を探してみてはいかがでしょうか。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー