より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME職種別に見る京都の転職事情
京都のホテル業界の転職事情!必要なスキルや年収を調査

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

京都のホテル業界の転職事情!必要なスキルや年収を調査

毎年多くの観光客が利用する京都のホテルですが、今回はその業界事情について、採用フロー・年収・仕事内容に注目して現状を調べてみました。
まずはホテル業界の仕組みについて確認しましょう。

「ホテルで働く=接客」ではない!

ホテルの客室は自社で運営しているサイトで直接販売する方法と、旅行会社や旅行代理店などに委託して販売する方法があります。自社サイトの運営や旅行会社への情報提供も必要な業務です。

そういった点で考えてみると、ホテルで働くことは必ずしも接客だけではないということが分かりますよね。

業務内容はホテルの種類によって様々で、シティホテルではレストラン運営スタッフ・結婚式場などのイベント部門を担当する企画と営業をはじめとする大勢の従業員が必要です。

大規模のホテルですと、ベルパーソン・バトラー・マーケティングといった多岐にわたる業務内容があります。

ホテル業界で求められるスキルは?英語以外の言語スキルも必要?

今やあらゆる業種で必要とされる英語スキル。訪日観光客の増加により、ホテル業界でも強く求められるようになりました。しかし、最近では英語だけでなく中国語や韓国語といった他の言語スキルのニーズも高まってきています

また転職の場合、前の職場で接客の機会が多かったのであれば、即戦力として重宝されるでしょう。他にも、使えるシステムの種類を指定して募集をかけるホテルもあるようで、「OPERA」というシステムの経験者のニーズが高まっているようです。

ホテル業界の年収は?転職者ならスキルに応じて年収も変わる!

職種によっても年収は変わってくると思われますが、年収の相場は280万以上。しかしこれは新卒採用の初任給です。転職者であればそのスキルや能力に応じてこれ以上の年収となるでしょう。各都市に店舗がある場合は全国転勤の可能性もあるので、全国に飛びながら着実にキャリアアップを目指すことができます。

アルバイトから社員登用が狙えるホテルも!

転職するからにはスキルを持って万全にしなければならない・・・とお思いになったのではないでしょうか。

場所によっては中堅社員の研修を実施しているホテルもあるので、途中から入社しても問題はありません。また、アルバイト入社であっても正社員・契約社員登用制度があるホテルもあります。未経験の方でもホテルで働けるチャンスは無限大です。

なお、自社運営サイトで採用ページを作成しているホテルも多いので、自分が働いてみたいホテルのホームページを随時チェックしておくと良いでしょう。

京都府内のホテル数は大阪の約3倍!

そもそも、京都府内にはどれだけのホテルがあるのでしょうか。

平成26年に提出されたデータでは、京都府内のホテル営業施設数は216件となっています。これは平成27年に調査された大阪府のホテル営業施設数の80件と比較すると、約3倍にも上ります。

また日本は、2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックを控え、世界的にも注目されています。これによる訪日観光客の増加に伴い、宿泊施設の不足が問題視されています。

しかし、ホテルの稼働率は高い水準を保ち、大都市ホテルの収容力は限界に近づいているため、都市部より地方のホテル数が増加するのではないかと考えられています。

ホテル業界は融通の効く人に向いている

急なお客様からの要望は受け入れられないと断ってしまう方は要注意です。ホテル業界はお客様へのおもてなしの心を全面に出さないといけません。たとえ無理な要望を出されたとしても、それに近い案を提示するなど、柔軟な思考力をお持ちの方がホテルの従業員に向いていると言えるでしょう。

ホテルを支えるメンバーの一員となって、お客様の快適な旅行を一緒に作り上げるお手伝いをしてみませんか。古の都、京都で和の心をおもてなしで伝えていきましょう。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー