より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

薬剤師

京都で薬剤師として転職活動を考えている人のために、業界情報をまとめました。薬剤師の仕事は、必ずしも薬局や病院だけではありません。多くのフィールドで高いニーズのある職種です。

職種ごとの年収と概略

ここでは、薬剤師として働けるさまざまな職場環境をご紹介します。

調剤薬局

  • 平均年収は390~590万円。企業や薬局の規模によって、年収は大きく変わります

医師からの処方箋にしたがって、患者に薬を調合します。薬の説明、服用の仕方なども指導する必要もあり、お薬手帳をもとに重複投薬や相互作用がないかなども確認します。

ドラッグストア

  • 平均年収は500万円前後

市場規模の拡大にしたがって雇用条件も良くなってきました。主な仕事は、一般用医薬品(OTC薬)の販売と相談業務。薬剤師から顧客への説明がなければ、販売できない薬もあります。健康食品など幅広い商品も扱うため、幅広い知識が身に付きます。

病院

  • 平均年収は400~650万円。民間病院と公立病院、または病院の財政状態の違いなどで年収に差が

病院に勤務する薬剤師は、その病院の規模などによっても仕事内容が異なります。主に、調剤、患者への服薬指導、患者の薬歴管理、医薬品の管理などが挙げられます。

製薬会社

  • 平均年収は400~800万円。スタートは低めですが、生涯収入は高いのが特徴です

製薬会社での薬剤師と言うと「創薬」というイメージがありますが、他にもMR、治験コーディネーター、臨床開発モニターなど、様々な仕事があります。薬剤師としての知識を多くの分野で発揮でき、あらゆる仕事を身に付けられる職場でもあります。

行政

  • 平均年収は500~600万円。民間の薬剤師より少し低めですが、福利厚生や老後を考えれば、その安定性は大きな魅力

公務員として、厚生労働省や各都道府県の関係課で働きます。保健所における衛生管理業務、麻薬取締官、研究員、公立病院などです。原則として公務員試験に合格することが前提となりますが、公立病院の場合は公務員試験が免除されることもあります。

京都の求人例

■調剤薬局

  • 仕事内容
    調剤だけでなく、処方箋や薬歴の確認、および患者に合った服薬の指導
  • 仕勤務地
    京都府内(系列2店舗)
  • 仕給与
    23~45万円
  • 仕その他の条件
    コミュニケーション能力を重視

■ドラッグストア

  • 仕事内容
    OTCの販売、調剤、患者への説明など幅広い業務
  • 仕勤務地
    京都市内
  • 仕給与
    年収425万円~
  • 仕その他の条件
    未経験・ブランクある薬剤師も応募可

■製薬会社

  • 仕事内容
    ジェネリック医薬品メーカーでの管理業務
  • 仕勤務地
    京都府内
  • 仕給与
    450~550万円(経験考慮)
  • 仕その他の条件
    製薬会社の勤務経験者優遇

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー