より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

転職活動にかかる期間

転職活動にかかる期間は、だいたい平均で3~6ヵ月といわれています。まずは、自己分析などの事前準備をきちんと行なうことが大切です。この期間内でスムーズな転職ができるように最善の努力で進めていきましょう。

転職活動期間の平均は3~6ヵ月

転職活動においてまず重要なのは、活動にかかる期間の把握とスケジュールを組むことです。企業に関する情報を集める作業から始め、履歴書などの書類を作成。応募を経て面接を行ない、スムーズにいけば内定がもらえます。

在職中であれば退職手続きを行なうまでが一連の流れです。しかし、必ずしもこの通りにいくとはかぎりませんので、あくまでも目安として捉えておきましょう。

たとえばあなたがどういう人材なのか確かめようと、様々な部署の人達が時間をかけて何度も面接を行なう企業もあります。在職中の場合だと面接の日程調整も難しくなるので、予想以上に時間がかかってしまうかもしれません。

1社ずつ応募して慎重に進めた場合でも、やはり時間がかかります。早く転職したいという人は複数の企業をまとめて応募し、同時に進めたほうが得策でしょう。

内定がもらえた場合も引き継ぎや退職で思わぬ時間がかかることが予想されるので、これも頭に入れておくといいかもしれません。

転職活動は準備が大事!

転職活動は、始める前の準備期間がすべてを決めるといっても過言ではありません。準備をきちんとして取り組んだ場合とそうでない場合とでは、活動結果が大きく変わってきます。転職はなるべく短期間でスムーズに進めたいもの。事前にしっかりと準備をしましょう。

まず自分がどこで何をしたいのか、具体的にどんな企業で、どんな仕事をしたいのかを自己分析し、方針を決めて戦略を立てます。この部分がもっとも重要になるので、自分のキャリアの棚卸しをすることが最善です。

ここがはっきりしないと、なかなか内定が得られなかったり、転職が長引いてしまったり…と焦りを感じ、精神的にも負担がかかってしまいます。

自身のキャリアを振り返って整理し、経験やスキルを企業へ積極的にアピールできるようにまとめておくことが大切です。これは魅力的な職務経歴書づくりにもつながる重要なポイントとなります。

自分の方向性を確認したら、次は応募する企業を絞り込みます。インターネットや志望業界にいる知人や人脈を活用して、ターゲットとなる企業の情報を集めていきましょう。自分が入りたい企業、やりたい仕事を明確に絞り込み、応募に進んでください。

転職のタイミングも重要!

一般的に企業の求人が多くなるのは1~3月と7~9月といわれています。この期間はボーナス後に退職する社員が多く出てくることもあり、その補充のための求人が増えるのです。

さらに、新規事業の立ち上げや既存組織の拡大が行なわれることが多いシーズンでもあります。もっとも転職市場が活発になる期間なので、転職者にとって活動するには最適だといえるでしょう。

逆に4月や12月は避けたほうがいい期間です。4月は新年度がスタートするため、どの企業も求人どころではありません。また12月も年末で忙しくなるので、中途採用には消極的。この時期には具体的な活動は行なわず、応募書類の作成や求人のチェックなど準備期間にあてたほうが得策です。

しかし、求人のニーズが高まる1~3月、7~9月には応募者の数も上昇傾向にあり、ライバルが増えていきます。焦りもあると思いますが、自分なりのベストな応募タイミングを見極めて進めることが大切です。

離職期間は何ヵ月までなら大丈夫?

実際のところ、離職期間が3ヶ月を過ぎると書類審査で落とされることが多いようです。さらに、6ヵ月を過ぎると相当厳しい状況になると考えておいたほうがいいでしょう。

まずは3ヵ月をめどに進め、それでも決まらなかったらいったん転職活動を見直して、何がマイナスになったのか、どうして想定どおりに進まないのかを割り出して、早めに方向転換したほうが良さそうです。

転職において離職期間が長ければ長いほど不利になる…どうやらこれは本当のようです。企業は離職期間が長ければ長いほど、スキルの鈍化や仕事への意欲の低下を懸念します。

また、期間が空きすぎると自分自身が転職に対して弱気になってくる可能性も。実際どんなに優秀な人でも、職場を離れると仕事のスキルが鈍ってくることは否めません。

離職期間の過ごし方は企業側もかなり意識しており、面接時に必ずといっていいほど質問されます。これについてマニュアル本などでは、模範解答として「資格の勉強をしていた」「家族の介護をしていた」「語学留学をしていた」「フリーランスで仕事をしていた」といった回答を挙げています。

これらはスキルアップへの意欲や人間性への評価などにつながるため、実際の過ごし方と合わせて使うと効果的でしょう。ただし、厚労省の「平成27年 転職者実態調査」によると、離職期間が6ヵ月以上あった人の割合は13%もあります。

離職期間が長いのはたしかに不利になりますが、その期間の過ごし方も重要なのです。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー