より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME自分の希望を実現させる転職の手順
仕事で怒られた時の対処法

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

仕事で怒られた時の対処法

社会人として職場に身を置く以上、上司や先輩から怒られるのは致し方のないこと。ただ、怒られた時にどう受け止めるかによって心のダメージも大きく変わるのです。こちらでは、怒られやすい人と上司に好かれやすい人の特徴をまとめました。

職場で怒られた時にどう対処する?

「一体なにをやっているんだ、君は!」「どうしてこんなに時間がかかるの?」
上司や先輩から受ける、厳しい叱責の数々。怒られてばかりの毎日は気が滅入りますし、仕事への意欲も徐々に失われていきますよね。

頑張っても認めてもらえず、いつも叱られてばかりで、どうしたらいいのかわからない。どん詰まりになってしまった方は一度、上司や先輩からの叱責を自分がどう受け止めているのか振り返ってみませんか?

きっとあなたの上司や先輩は、あなたが憎くて叱責しているのではありません。叱責の内容は上司や先輩の八つ当たりでもないはずです。ほんの少し、受け止め方を変えるだけで「怒られている」という気持ちも変わるかもしれません。

怒られていることを「攻撃」と捉えない

怒られることが苦手な人は、相手からの指摘や叱責を「攻撃」なのだと受け止めがちです。叱責の内容ではなく、怒られているのだという表面的な状況だけで判断してしまい、ますます怒られることが苦手になってしまいます。

上司や先輩の険しい表情や声に怯み、目も耳も閉じたくなってしまうかもしれませんが、怒られている内容をちゃんと聞くところから始めていきましょう。

もしかすると、怒られていると思っているのは自分だけで、内容は叱責ではないかもしれません。相手の言葉を「成長することを期待して指摘してくれているのだ」と捉えられれば、気も楽になりますよ。

怒られた内容と向き合う

周りから注意されたり、怒られたりしたことと向き合うのは多少なりとも勇気がいります。できれば怒られたという事実ごと記憶から削除してしまいたいものです。それでも、腰を据えて向き合わない限り、いつまでたっても同じことで怒られ続けます。

「恥ずかしい」「つらい」「逃げてしまいたい」そんな感情を抑えこみ、怒られた内容と向き合いましょう。何をどう改善すれば仕事に活かせるのかを考え、少しずつ行動に移す姿勢を見せることが大切です。

例えば「いろいろ気が利かない」という理由で叱られたとするならば、周りをよく観察してみてください。業務が忙しくて手が回っていなさそうならすぐできることを手伝う、落ち込んでいるようなら声をかける、ゴミが落ちていたら拾う。そんなささいなことから気づいて行動すれば「気が利かない」とは言われないようになります。焦らず、1つずつ向き合っていきましょう。

怒ってくれる人を味方だと思う

人間は活動する限りエネルギーを消費する生き物ですが、怒る・怒られることに関してはとくに消費します。怒られるあなたも、怒っている相手側もその日のエネルギーを削っているのです。

面と向かって怒ってくれる人は、わざわざ自分の労力を割いてあなたを怒ってくれていることになります。実際、怒る側は「言葉きつくないかな?」「どう言えば伝わるだろう」「辞めたいって思われたくないな」など、いろんなことを考えて言葉を口にしているのです。 それを踏まえて考えると、まっすぐ怒ってくれる人は紛れもなくあなたの味方。成長してほしい、周りから評価される人材になってほしいと願って厳しい言葉を投げかけています。

あまり頑なに拒まず、この人は味方なのだと思って叱責にも耳を傾けてみてください。受け止め方が180度変わるかもしれませんよ。

怒られることに対しての受け止め方や考え方が変わったら、怒られる時の姿勢も気をつけてみましょう。

  • 謝る時は大きな声ではっきりと
  • 理解が追いつかなければ後から質問する
  • 怒られた内容を振り返って行動する

受け止め方だけではなく「怒られ方」までより良いものに変えられたら、もう怖いものなしです。怒られることは悪いことばかりではありません。成長するチャンスを掴んだと思って、少し前向きに捉えてみてくださいね。

怒られやすい人の特徴

常日頃から怒られやすい人には、7つの特徴があります。あなたにも当てはまる特徴がないか見てみましょう。

挨拶が上手にできない

どこへ行ってもそうですが、職場で交わす挨拶は社会人として何よりも重視されるマナー。とくに朝は明るく笑顔で挨拶できると、周りへの印象も良くなります。逆に目も見ず覇気のない挨拶をする方は印象が悪く、ちょっとしたミスでも目についてしまうのです。つまり、挨拶が上手な人に比べて下手な人はすでにマイナスからのスタート。挨拶が下手なだけで、いろんな場面で損をしてしまいます。

声が小さい

何かを頼まれた時、相手に伝わる声量で返事ができているでしょうか。せっかく返事をしていても、声が小さいと相手に届かず、リアクションがないと思われてしまいます。イライラさせるどころか、失望されてしまうことも。自分の時間を割いて教えてくれる人に対して、はっきりと声に出して伝えることは相手に対しての誠意です。

約束の日時を守れない

仕事をするうえで何度も交わされる「○時に伺います」「いつまでに納品します」などの約束ごと。どんな職種であろうと、約束を交わさない業務は滅多にないはず。約束した日時を守れない人は、上司や先輩だけではなく取引先からも嫌われてしまいます。もしどうしても約束の日時を守れない場合でも、必ず連絡や相談をしなければなりません。無断で約束を破るのは言語道断です。

お礼を言わない

誰かに何かをしてもらった時、きちんとお礼を伝えられていますか?
「ありがとう」と言われて嫌な気分になる人はいません。その場で言うタイミングを逃したのであれば、少し時間が空いてしまっても伝えるべきです。お礼を言えない人に何かをしてあげようという気持ちにはなれないので、困っている時に助けてもらうことや声をかけてもらえることが減ります。

相手の目を見て話さない

「目を見て話すのが苦手…」そんな方も多いとは思いますが、仕事となると話は別です。相手が真剣であれば真剣であるほど、目を見て話せないと本気度は伝わりません。「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、声が小さくとも目を見れば多少の感情は伝わります。逆に、目が合わないと相手は感情を読み取ることができず、伝えにくいと感じてしまうのです。

言い訳ばかり口にしている

「どうしてできなかったの?」と問われた時、くどくどと言い訳を並べるのはNGです。何かしら、やむを得ない理由があってできなかったのかもしれませんが、この時に相手が求めているのはありのままの事実。決してあなたの自己弁護ではないのです。報告している最中は「だって」「でも」などの言葉を使わず、淡々と事実のみを述べる必要があります。

ミスを隠してしまう

起こしてしまったミスは、隠せばバレないと思っていませんか?
意図して隠したミスほど、あとから発覚して大ごとになるものです。ミスを隠してから少しの間は怒られることはありませんが、ミスを隠したと知られてからはさらにこっぴどく怒られてしまいます。ミスは大なり小なり100%起こってしまうものです。ミスしてしまった時は潔く報告したほうが、あとあと罪悪感を抱かずに済みます。

ミスを隠すと「嘘をつく」「信用も信頼もできない」と判断されてしまうので、ミスは隠さないに越したことはありません。

以上の7つの中で、あなたはどの特徴が当てはまりましたか?改めて見てみると「なるほど…」と思う特徴もあったのではないでしょうか。もし自分に当てはまるものがあれば、改善していく必要があります。そのうえで、上司はどんな部下を好むのかを知り、実践できると仕事で怒られる回数も減るかもしれません。

上司に好かれやすい人の特徴

誰だって怒られてばかりの毎日は嫌ですし、尊敬する上司には好かれたいもの。

では、上司はどんな部下だとありがたく感じ、いつまでもそばに置きたいと思うのでしょうか?さっそく、上司に好かれやすい人の6つの特徴を見ていきましょう。

明るい挨拶や返事ができる人

出勤時・すれ違いざま・退勤時にしっかりと挨拶ができる方には、男女問わず好印象を抱きます。声が小さくとも笑顔で挨拶ができれば、少なくとも悪い印象は与えません。
また、ハキハキとした返事ができる人に対しては、困っている時に何でも教えてあげたくなるものです。声を張ることが苦手であれば、ゆっくりでも声を大きめに出せるよう意識してみてください。

報告・連絡・相談をきちんとしてくれる人

問題が発生した時にすぐに報告し、相談してくれる。何か変更があれば連絡してくれる。どの職場においても報告・連絡・相談がしっかりとできる人は重宝されます。

とくに上司は1人で複数人の部下を抱えているので、どこで何が起こっているのかを逐一把握しようと聞いて回るのは非効率です。部下が積極的に声を上げれば、上司の負担を軽減できます。報告をあげないよりは、ささいなことでも報告をあげてくれる人のほうが「こんなことまで報告をくれる人なのか」と評価してもらいやすくなります。

約束を必ず守れる人

友人や知人の中で、約束を守ってくれる人と約束を守らない人ならどちらと出かけたいかを想像した時、誰もが口をそろえて「約束を守ってくれる人」と答えるでしょう。それと同じように、一緒に仕事をしたいと思われるのもきちんと約束を守ってくれる人なのです。

万が一、約束を守れないにしても報告・連絡・相談を怠らないこと。「たかが数分遅れるくらい…」という甘い考えが、相手との信頼関係を崩すきっかけにもなると認識しておきましょう。

ちゃんと謝罪やお礼ができる人

ミスをしたら謝る。助けてもらったらお礼を伝える。たったそれだけのことですが、大人になってもできない人がいます。だからこそ、ちゃんと謝罪やお礼ができる人は評価されるのです。お礼もそうですが、謝罪はとくに時間を空けずにすぐしましょう。緊急度や重要度にもよりますが、メールや電話口での謝罪よりも直接会ってしっかり謝ったほうが、誠実さが伝わります。

積極的に行動できる人

「誰かコピーとってくれないかな」「空いている人で取引先へ顔を出してくれないかな」など、上司が全体に向けて発信するお願いごとに「やります!」とすぐに手を挙げて行動できる人は好まれます。もちろんすべて無理に「できます」と言うのではなく、お願いされていることに対して「できるかできないか」を答えるだけでも十分です。大切なのは、積極的な反応を示すことです。

すぐにはできなくても「○時以降なら対応できます」と声を上げられると、仕事に対する意欲が伝わり、上司から高い評価を得られます。

プラスアルファの仕事ができる人

与えられた仕事をするだけの人よりも、何かをプラスして仕事をできる人のほうが上司だけではなく周りからも好かれます。

プラスアルファといっても大それたことではなく、先回りしてチェックを済ませておく・必要だった書類をそろえておくなどで良いのです。「言わなくても自分で考えて行動できる人」だと評価されます。自分のできる範囲内で、相手のプラスになる「おまけ」をつけていけることが大切です。

ここまで上司に好かれやすい6つの特徴を挙げましたが、いかがでしょうか。すべてを取り入れることは難しいので、あなたにできそうなところから1つずつ取り入れてみてください。

職場で怒られない人になるには、自分の受け止め方や考え方の傾向をよく知り、改善していく努力が必要です。改善していく中で、上司や先輩、同僚の良い部分を真似ていきましょう。少しずつでも成長していければ、怒られることもなくなるはずです。

どうしても改善がない時は転職の検討も必要かも

「怒られやすい人の特徴を把握したうえで改善してみても、理不尽な怒られ方だ」「上司に好かれるような行動をしてみたけど、やはりどうしようもない状況だ」

そんな時は「転職」を視野に入れましょう。自分が変わることはできても、人を変えることはできません。どれだけ怒られないように、上司に好かれるように頑張ってみてもうまくいかないなら、そこはあなたにとっては「天職」ではないのかもしれません。理不尽に怒られる毎日で仕事への自信をなくしている方もいるかもしれませんが、思いもしなかった職種へ転職してみることで新たな才能が開花する可能性があります。

ただ、向いている職種を客観的に選ぼうとしても難しいので、転職のプロであるエージェントに一任すると良いでしょう。冷静にあなたの適性を見出し、ピッタリな職場をピックアップしてくれます。模擬面接や企業との交渉も引き受けてくれるエージェントもありますので、転職活動を有利に進めたいという方はぜひ利用してみてください。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー