より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME自分の希望を実現させる転職の手順
納得のいく転職先を見つける方法!「B to BかB to Cか」で考える利点とは

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

納得のいく転職先を見つける方法!「B to BかB to Cか」で考える利点とは

転職活動転職活動を始めるとき、多くの方が業種や職種を意識します。

自分に適性のある仕事についたり、憧れの業界で働いたりすることを目的としているからです。

しかし「B to B企業なのか、B to C企業なのか」で転職先を決める方法もあります。

 

B to BとB to Cは取引相手が企業か個人消費者かの違い

B to Bとは「Business to Business」の略語です。企業対企業の取引のことを指します。取引される商品は、完成品よりも素材や部品などが多いです。  

一方、B to Cとは「Business to Customer」の略語です。企業対個人消費者の取引のことを指します。消費者に、スマートフォンや家電などを販売するような企業はB to C企業だと言えますね。

転職を考える上でのB to B企業とB to C企業の違いとは

B to B企業とB to C企業では、それぞれ特色があります。転職活動の際は、この違いを意識することによって転職を成功させる考え方があります。

B to B企業のメリット

B to B企業は個人消費者に認知される必要性が少ないので、イメージ戦略を行わないことも多いです。しかし、知名度が低いということは、隠れ優良企業も多いということです。

またB to B企業は、一度取引を開始すると安定的に取引先に商品を販売することが多いので、企業として個人消費者の動向に左右されにくいのです。そのため、B to B企業は経営が安定していることも多い傾向にあります。

ただし、それも企業によって大きく異なります。B to B企業に就職する場合は、就職先の企業だけでなく、取引先企業の数や取引先の財務状況なども確認して、総合的に判断する必要があります。

一般的に広く知られているB to C企業だけでなく、B to B企業を転職の視野に入れることで、多くの企業が候補にあがるのです。

B to B企業のデメリット

B to B企業のデメリットは、個人消費者から遠い場所にいるので、自分の仕事がダイレクトに世の中に反映されているイメージを持ちにくいことです。また、世界的大企業でも一般的な知名度は低いことも多いので、わかりやすい社会的な評価を受けたい人には向かないかもしれません。

自分のやっている仕事を説明しづらいので、所属している会社を友人や恋人に自慢したい若者からは避けられる傾向があります。

B to C企業のメリット

B to C企業は、一般的な知名度が高いことが多いです。製品が個人消費者の元に届くので、企業のイメージアップや商品販売のために、積極的にメディアで広告を打ち出しています。

このような、消費者にとって有名な企業で働くことができたら、周囲からの羨望を集めることができますし、社会的な信用も高まりますよね。また、自分のやってきた仕事がわかりやすい形で反映されるので、やりがいを見出しやすい点もB to C企業の良いところです。
自分のやっている仕事を他人に説明するときも、わかりやすく説明できます。

B to C企業のデメリット

転職活動の際、条件に違いがなければ「知名度がある企業」に人気が集中します。B to C企業はB to B企業と比較して知名度が高い傾向にあるため、ライバルも多くなります。そのようなライバルたちを押しのけて、転職活動を成功させなければなりません。

このように、業種や職種で考えるのではなく、魅力的な企業に就職することを意識した場合は「B to B企業とB to C企業に分類する」という方法もあるのです。

就職や働くことへの考え方はさまざまですが、あなたが誇りに思えるような会社に出会えるとよいですね。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー