より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME自分の希望を実現させる転職の手順
転職でキャリアアップしたい人が考えるべきこと

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

転職でキャリアアップしたい人が考えるべきこと

ここでは、キャリアアップの種類や言葉の意味、年収が上がる転職の傾向やキャリアアップ転職に必要な計画の立て方を掲載しています。おすすめの転職方法も紹介していますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

キャリアアップについて

キャリアアップとは?

キャリアアップとは「自分の経歴を向上させる」という意味を持つ言葉。転職をイメージする人も多いですが、本来転職に限らずもっと幅広く使われます。なお、三省堂大辞林には3つの意味でのキャリアアップが書かれています。

  • 業務遂行能力の向上

社会人として成長したり、技術職としてレベルアップしたりといった、業務遂行能力を高めることをキャリアアップと呼びます。

  • 経歴の向上

資格取得や修士号・博士号の取得など、職務経歴書や履歴書に書けるような内容は、キャリアアップです。出世もキャリアアップと言えるでしょう。

  • 高い地位や高給職への転職

一般的なイメージのキャリアアップ。管理職やポジションが確定しているヘッドハンティングなど、高い地位や高給職へ転職する場合を指します。

キャリアアップとスキルアップの違い

意味を混同しやすいキャリアアップとスキルアップ。キャリアアップが「自分の経歴を向上させる」という意味なのに対して、スキルアップは「能力や技能をアップさせる」こと。例えば、資格取得はスキルアップに該当します。

キャリアアップの種類

一言にキャリアアップといっても、様々な種類があります。年収がアップする場合、役職がアップする場合、安定性がアップする場合など。ここでは、どのような例があるかを紹介します。

  • 大企業から中小企業へ転職し、役職が上がる

勤める企業の規模こそ小さくなったものの役職が上がる転職。任される仕事の幅が広がり、年収が上がるパターンのキャリアアップです。

  • 中小企業から大企業へ転職

同業種の中小企業から大企業へ転職。企業が変わることで年収が上がり、労働条件が向上するパターンのキャリアアップです。

  • 上流工程の職業に就く

上流工程の職業に就くことで年収、役職、労働条件が向上するパターンのキャリアアップ。例えば、営業から企画、プログラマからSEといった職種の変更を指します。

  • 雇用形態の変更

雇用形態を変更することで年収が上がったり、安定性が上がったりするパターンのキャリアアップ。例えば、派遣社員や契約社員といった非正規社員から正社員になる場合がこれにあたります。

  • 他業種へ転職

平均年収が低いと言われている業界から高い業界へ転職することで年収が上がるパターンのキャリアアップ。場合によっては、特別な資格を取得することで、このような転職を実現することができるでしょう。

年収がアップする転職の傾向

DODAエージェントサービスが行った調査で、以下のような傾向があることがわかりました。

  • 年齢による年収の変化

20代前半から20代後半にかけて転職で年収があがる人の割合がぐっと上がり、それ以降は年代が高くなるごとに徐々に下がる傾向があります。一方、転職で増える年収は年代が高いほど増える傾向があるようです。特に45歳以上は、転職で年収が平均70万円以上アップしています。

  • 職種による年収の変化

転職で年収が増えた割合が特に高い業種は、「金融関連専門職種」「医療系専門職種」「技術系職種(建築・土木・プラント・設備)」「営業職」「技術系職種(素材・化学・食品・その他)」。営業職はインセンティブや評価基準が変わることで上がり、それ以外の職種では専門性の高さが認められることで年収が上がるようです。職種によっては年収が平均90万円以上アップしている職種もあります。

キャリアアップのための転職の際に考えるべきこと

転職でのキャリアアップに大切なのは、どのようなキャリアアップをしたいか明確にすること。キャリアに具体性や一貫性を持たせましょう。

  • キャリアアップの理由を明確に!

キャリアに具体性を持たせるためには、どのような能力を身につけ、どのようなキャリアアップをはかりたいか理由を明確にすること。取得資格や前職の経験で身につけた能力でどのような貢献ができるかを具体的に提示できるようにしておきましょう。

  • キャリアの棚卸しを!

キャリアに一貫性を持たせるためには、これまでのキャリアと目指しているキャリアをしっかりと結びつけること。関係が無いように見えるキャリアでも、見方や考え方で一貫性を持たせられる場合もあります。一貫性を持たせる方法は、幅を拡げるか深めるかの2択。それぞれを理解して、一貫性のあるキャリアを提示できるようにしておきましょう。

  • ジェネラリスト型で勝負

様々なスキルを身につけてできる仕事を増やすことで幅が拡がります。特に高収入な仕事ほど、多くの複雑なスキルを必要とします。また、役職が上がるほど、多くの知識が必要になるもの。できる仕事の幅を拡げて貴重な人材になり、キャリアアップにつなげましょう。これから就きたいと思っている仕事に必要な能力が何かを見極め、必要な能力を身につけるためにどういう経験を積んできたか、今後どのような経験を積みたいか、書き出してみると良いでしょう。

  • スペシャリスト型で勝負

スキルは幅を拡げるだけでなく、深めるという方法でも差別化をはかることができます。ある特定のスキルについて掘り下げ、普通の人よりもずっと深い知識や卓越した技術を身につけ、キャリアアップにつなげましょう。これから就きたい仕事に必要な能力を身につけるために、よりスキルを深めることが大切です。どのような仕事をしてきたか、どのような仕事をしたいか、書き出してみるのも良いでしょう。

まとめ

キャリアアップについて理解し、どのようなキャリアアップをしたいかが明確になれば、後は転職活動をするだけ。とはいえ、理想のキャリアアップをはかれる企業がどこにあるか、転職活動で何をするのが良いのかといったことを知るのは、なかなか難しいものです。

そんな時におすすめなのが転職エージェント。転職エージェントに登録すれば、キャリア相談や求人紹介といった転職活動に必要なサポートが受けられます。このサイトでも求人の紹介やカウンセリング、書類・面接のアドバイスや企業との条件交渉を全て無料でしてくれる転職エージェントを紹介。興味のある方はチェックしてみてくださいね。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー