より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME自分の希望を実現させる転職の手順
第二新卒での転職を成功させる!

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

第二新卒での転職を成功させる!

年々増加している第二新卒者の転職。近年では第二新卒者向けの就職説明会も開催されるほどです。そもそも第二新卒とは、どのような人が対象になるのでしょうか?こちらでは第二新卒の定義と合わせて、企業側が求める第二新卒者の採用条件を紹介しています。

第二新卒とは?

第二新卒とは

第二新卒とは、大学や高校を卒業後に就職したものの、1~3年で転職をする若手求職者のことを主に指します。「主に指す」としたのは、この定義が企業によって異なるためです。「1回以上転職しても社会経験が3年未満」「高校を卒業して就職し、2年ほど働いた経験のある人」「大学院を卒業して3年ほど働いた人」など、企業によって基準が変わります。年齢層もさまざまなので、学校を卒業後1~3年で転職や就職を始める「新卒以上社会人未満」な存在が第二新卒と言えるかもしれません。

第二新卒はなぜ増える?

第二新卒の就職活動は、新卒採用と違って在職中に行なわれることがほとんどです。新卒とは違い、働きながら就職活動をする必要があるため両立が難しいとも言われています。そのことから「第二新卒の就職は難しい」と思われがちですが、実は第二新卒者は年々増える一方にあるのです。今では第二新卒者向けの就職説明会が行われるほど。しかもその規模は東京や大阪などの大都市に限らず、地方都市でも開催されています。厚生労働省が毎年発表している「離職率統計」によると、大学新卒者の約30%が3年以内に転職していると発表されているのです。就職活動の早期・短期化が進む中、自分に合った就職先をじっくりと見極めずに選んだ結果失敗している人が多いのではないかと考えられています。

採用する企業も増加傾向に

今、第二新卒者を積極的に採用する企業が増加しています。企業の範囲は業種や職種を問わず、大手企業から中小企業までさまざま。その理由の一つが「新卒と比べ、社会経験を積んでいる」ことです。

第二新卒を採用したい理由

新卒採用者の教育には莫大なコストがかかっています。そのうえ、どんなに潜在能力が高くても入社して2年ほどは即戦力になりません。その点、第二新卒者は業務経験がある社会人なので、未経験の状態から研修を始める手間やコストが不要。経験を積んでいる分、一定のビジネスマナーやスキルを備えている可能性も高くなります。さまざまな職業を経験してきた中途採用者に比べて柔軟な思考を持っており、新たな企業でもすぐに馴染めるというメリットも。企業は新人教育のためのコストを費やすことなく、企業の雰囲気にすぐに馴染める第二新卒の求職者を求めているのです。

企業が第二新卒に求めているもの

「やる気」

企業が第二新卒者に一番に求めるものは、ズバリ「やる気」です。やる気や向上心が高い人は入社した際に育てやすく、成長が期待できると考えられています。即戦力として扱えるかも将来性も未知数。ですが、第二新卒者の熱意に心を動かされる企業が多いのです。

「就職への意欲」

次に求められるのが就職への意欲。第二新卒者は「社会経験がある新卒者」という認識の企業が多いと言えます。業務を真面目にこなしていく姿勢や責任感を見ることができれば「将来性がある」と認識され、採用につながる可能性が高くなるのです。面接での返答の的確さやとっさの機転などで「頭の回転がよさそうだ」と評価された人も、会社で育てがいがあるとされて採用につながるケースがあります。

「困難な状況でもへこたれないバイタリティ」

最後がバイタリティです。「どんなに困難な状況に陥っても必ず目標を達成させる」という気持ちの原動力が企業におけるバイタリティになります。落ち込むことがあっても、目標に向かって努力を続けられるかがポイント。業務をしっかりこなそうとするパワーだけでなく、周りを巻き込んでいく影響力もバイタリティの1つとなっています。社会経験があるとはいえ、新卒者と同じように即戦力になりえるかどうかが微妙なラインにある第二新卒者。就職に差をつけるのは、入社後に早く戦力となり「仕事を任せたい」と思える人材になるかどうか、のようです。

第二新卒で仕事を探す際に注意すべき点とうまく行かない人の特徴

第二新卒で仕事を探す際に注意すべき点

  • まず「本当に就職をしたいのかどうか」を考える

「給料が低い」「上司と相性が悪い」など、今の仕事が不満で転職を考えている人は、ほんとに今転職すべきかどうかをよく考えてください。第二新卒でなくても、転職は社会人としてのキャリアアップの上で大きな決断のはず。もしその不満が一時的なものであるならば、考え直した方が良いかもしれません。不満から転職をしても、次の職場でも同じような問題や不満のせいで転職を繰り返してしまう可能性も。また、目的のない転職は企業側から嫌われます。「年齢も若いからどこか採用してくれるだろう」「今の職場では自分を認めてもらえていないから」といった漠然とした理由ではどこも採用してくれません。不満や一時的な感情ではなく、「自分が何をしたくて転職するのか」「どんな仕事をしたいと思っているのか」を明確にして、転職しなければ実現できないことなのかどうかを判断してください。

  • 「自分にはどんなことができるのか」をアピールする

高校や大学での就職活動では、面接時に「学校で何を成し遂げたか」「部活動やサークル活動ではどんな活躍をしたか」というアピールが重要でした。ですが第二新卒の転職では「学生時代のこと」だけを面接官に話しても採用にはつながりません。第二新卒で転職を考える場合には、「新卒採用で入社した企業では何をしてきたか」をどれだけアピールできるかがカギです。職務履歴書で自分の実績をしっかりとアピールしましょう。おすすめは「数値化」です。例えば「営業職に就き、朝は誰よりも早く出社していました」よりも「営業職に就き、2ヵ月の売り上げ目標400万円に対して500万円の売り上げを達成しました」といった具体的な数字があれば大きなアピールにつながります。同時に「なぜ売り上げを達成できたのか」といった見解を伝えると良いでしょう。

  • 成功談だけでなく失敗談も話す

面接では自分の成功談や美談をアピールしがちですが、面接者にとっては失敗談がプラスの評価になることも。例えば「取引先との交渉に失敗した」という失敗談があれば、その後にどのような行動や回避策を取ったのかを話すのです。失敗談を話すことで対応力や人間性を見定めることにつながると言ってもいいでしょう。面接官の中には、どれだけ美談を並べても「どこかに欠点はないか」と探す人もいるので、アピール以外にも失敗談や解決策を話せるよう用意することをおすすめします。

第二新卒で転職がうまく行かない人の特徴

  • 曖昧な憧れや希望だけで転職をする人

面接官に転職の理由を尋ねられた際に具体的に答えられない人は採用される可能性が低いと考えてください。「今の職場よりもっと良い会社があるのではないか」という曖昧な希望は実はただの憧れで、本当に転職が必要な時ではないことが多いのです。「友人が自分より多く給料をもらっているなら、自分も同じところで働きたい」という安易な理由も同じで、面接官には簡単に見透かされてしまいます。

  • 「いつか就職ができれば」と積極的に行動しない人

退職後フリーターになったり、家庭の事情などで退職をしたりなどの理由からブランクが長い人に多いタイプです。退職から長い期間が経ってしまうと、就職できないことへの危機感をだんだん感じなくなってきます。ブランクがある人に対して企業が期待しているのは「ブランク分の遅れを取り返したい」という意欲を持っているかどうか。フリーターを続けながらも「来年くらいには就職したい」という漠然とした考えでは、いつまで経っても就職はできないと思った方が良いでしょう。

  • 退職後に資格を取ろうと考えてすぐに就職しない人

退職者の中には、公務員や司法書士などの国家資格者になることを見据えて勉強を優先し、すぐに転職を考えない人がいます。本当にそれが良い選択と言えるのでしょうか?資格を取ったとしてもすぐに就職できるとは限りません。「結局資格を取れなかった」「資格は取ったけど希望の職種に就けなかった」となってから就職活動を始めても遅い場合もあるのです。退職後に仕事についていないブランク期間が長いと、結果的に就職に不利な方向に進んでしまいます。まずは就職を優先してから資格を取っても遅くはないでしょう。

  • 就職先に求める条件が多すぎる人

給料や勤務地はもちろん、休日の希望や福利厚生まで、最初でさまざまな条件を立てすぎて就職先を探せていない人はいませんか?こういった方は前の会社での理不尽な待遇により、「ホワイトな会社」を求めてしまう人に多いようです。どれだけ調べても、実際に入社してみないと企業の社風や雰囲気を知ることは不可能に近いでしょう。何から何まで完璧な会社はありません。信用できる口コミや評判を見るのは転職先を探すうえで必要だと思いますが、実際に入社しないと分からないことのほうが多いと思ってください。

まとめ

第二新卒の転職に重要なのはキャリア

景気の回復により新卒者の採用に力を入れる企業も増えていますが、それと同じくらいに第二新卒者の採用も増えています。浅くとも社会経験があり、即戦力に近い位置にいるということで第二新卒者を積極的に採用している企業も増加中です。増加しつつある第二新卒者の転職で差をつけるものは、前向きさのアピールのほかにこれまでの職歴や実績などのキャリアがあります。どれだけ前向きに自分をアピールしても、キャリア不足のせいで転職に結び付かない人もいるのが現実です。企業に直接出向いて面接を受けに行くときは「今までどんなことをやってきたか」と示せる実績が必要になります。

在職中の転職活動は「転職サイト」がおすすめ

転職活動では説明会への参加や企業での直接面接もありますが、おすすめの方法として転職サイトを介しての転職方法があります。転職サイトは主に登録制で、求人案件をメールで送るシステムがほとんど。その中から気になる企業を見つけたら、転職サイトのアドバイザーがサポートを行ってくれます。スケジュールの調整や年収交渉、現職の退職交渉も行ってくれるので、働きながら転職活動をしなければならない第二新卒者におすすめの転職活動と言えるのではないでしょうか。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー