より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

転職の失敗例

 

転職を上手く成功させるには、タイミングや準備などいろいろありますが、過去の失敗例から学ぶことも大事です。失敗例を見ていくと、いくつかのパターンが見えてきます。失敗から学び、対策を練り、二の轍を踏まないよう心がけていきましょう。このページでは代表的な失敗例と、それに対するアドバイスを紹介します。これから転職する方はもちろん、転職活動が上手くいかないという方もぜひ参考にし、役立ててください。

転職の失敗例から学ぶ!

失敗例1:給料を重視して転職する

(30歳・男性の場合)
転職活動をするにあたって、給料を一番重視して探しました。そして、給料は理想的だけど興味はまったくない仕事を見つけ転職。「入ってしまえば仕事も楽しくなるだろう」と思ったのですが…。結局、面白さもやりがいもまったく見いだせていません。それどころか無駄な時間を過ごしている気分になっています。

アドバイス
生活していくうえで「給料」は大事です。しかし目先の金額だけで仕事を決めてしまうのはとても危険。なぜなら、やりがいも面白さも感じない仕事を続けるのは途方もない忍耐力が必要になるからです。人は1日の大半を仕事に使います。その仕事がつまらないと、多大なストレスとなるでしょう。
転職の際はまず仕事の内容、そして2番目に給料を重視するのがベスト。給料が希望より低かったとしても、自分がやりたい仕事であれば、日々を楽しく充実して過ごせます。それが自己の成長やキャリアアップにもつながるでしょう。

失敗例2:実力不足な職種にチャレンジする

(26歳・男性の場合)
3年間働いた企業で、それなりに働けていて、自分では優秀なほうだと思っていました。なので、大企業でバリバリ働くことに憧れ、チャレンジしてみようと決意しました。第一印象は良いタイプなので、面接は好感触。未経験の事業の立ち上げも笑顔で「できます!」と言ってしまいました。採用され仕事を任されると、何をどうしていいかわからず、まったく仕事ができず困っています…。

アドバイス
転職者を採用するにあたって、企業側はある程度の「スキル」や「即戦力」になることを期待します。そのうえで見栄をはってしまうと、企業が求める戦力と自分の実力に差が生じ、すぐについていけなくなります。結果、戸惑い苦しむことになります。理想を高くもち、チャレンジするのは必要なこと。
背伸びしすぎず、できる職種から少しずつ経験と実力をつけ、成長していける環境を見つけましょう。企業が望む戦力と、自分の実力を明確に把握し、それを正直に話したうえで、その後どう頑張るのか、姿勢を見せるのが大事です

失敗例3:内定をもらったのに退職できない

(29歳・男性の場合)
仕事をしながら、次の転職先の面接を受けていました。希望の仕事が見つかり、採用試験を受けると、その場で内定。「いつから出勤できる?」と聞かれため「この日で辞められるだろう」と場当たり的な返事をしてしまいました。結果、今の職場で猛烈に引き止められ、退職申請が進まず、伝えた入社日に間に合いそうもありません…。内定会社に入社日の延期をお願いしてみようと思っています。

アドバイス
働きながら転職活動をしている場合に陥りやすいパターンです。内定が出れば当然いつから働けるのか確認されます。その際、確定していない日にちを伝えるのは避けましょう。入社日の変更を伝えれば対応してくれるとは思います。ですが「ちゃんと段取りができない人」「計画性がない人」などと印象を悪くしてしまう可能性が。
働きながら転職活動をするなら、ギリギリで行動するのは危険です。辞めるにも引き止めや手続きなど、すぐには退職できません。退職交渉や引き継ぎ処理など、退職時にかかる時間を、しっかり計算し、計画的に進めるようにしましょう

失敗例4:やりがいを重視で病気に

(27歳・女性の場合)
仕事に充実感がなく、何のために働いているのかわからなくなり、やりがいが欲しくて転職。昔から憧れていた職業に就職しました。しかし、自分が思っていたよりも仕事の環境は厳しく、また人員も少なかったため残業地獄。完全にオーバーワーク状態でした。やりがいを重視したため給与も低く、業務で自己負担もあったため、体調が悪くても病院に行けない日が続き、ついに入院、退職しました。

アドバイス
仕事をするうえで、やりがいはとても大切です。しかし、それで体を壊してしまっては本末転倒。やりたい!という気持ちだけで先走り、仕事を決定してしまうと「こんなはずじゃなかった…」とギャップに苦しむことになりかねません。
どんなに希望の職種であったとしても、見栄をはらずに自分ができることを伝え、労働条件はしっかり聞きましょう。また、事前に調べられるのであれば就きたい職種の業界では、どのような労働体形なのか確認するのもおすすめ。より自分に合った仕事を選ぶためにも、しっかりと情報を見定め、不明な点は質問を行うのが大事です。

失敗例5:会社の雰囲気に馴染めない

(26歳・男性の場合)
仕事の内容も給料もばっちり!希望通りの会社に転職。しかし、いざ働いてみると、会社の雰囲気にまったく馴染めません。企業理念をみんなで唱和したり、目標を壁に貼り出したりと、まるで体育会系。今まで穏やかな会社にいたので、こういった熱い社風にどうにも馴染めません。再度転職を考えています。

アドバイス
就職したい会社をリサーチし、わかったつもりになっていても、いざ働いてみると思ったものとは違う、ということは良くあります。実際、転職後にこのような悩みをもつ人は多いです。転職希望の会社に知り合いや身内がいて、詳しい内情が聞けるのがベストではありますが、なかなか難しいでしょう。
面接前に、社内見学やインターンシップを申し出てみるのも手です。また、転職サイトや転職エージェントによっては希望する会社の雰囲気を事細かに教えてもらえる場合もあります。
しかし「自分に合った雰囲気の会社」はそうそうありません。どんな会社も常に受け身の姿勢でいては、何度も転職する羽目になります。雰囲気と合わないと感じる理由はさまざまですが、何が原因なのか考え、自分から積極的に動くことが大切です

失敗例6:お給料を重視したら有給休暇を取りにくくなった

(32歳・女性の場合)
以前勤めていた会社のお給料に不満があり、転職を決断。転職後はお給料が増え、趣味の旅行や美術館巡りができると楽しみにしていたんです。しかし、金銭的に余裕ができても有給休暇がなかなか取れず、趣味の時間をつくることができませんでした。お給料が増えても、自分の時間が減ってしまっては意味がないと後悔しています。

アドバイス
有給休暇の取り方については会社によってさまざまなルールがあります。明確には決まっていなくても、人員の少ない部署などでは優先順位があったり、繁忙期には有給休暇が取れなかったりと、暗黙のルールが存在している場合も。
求人情報で一年ごとの休暇の日数を知ることができても、実際に有休がどの程度取れるかはわかりません。面接で直接確認するのが一番ですが、言葉を選ばなくては自分のことばかり優先する人だと思われてしまいます。面接で確認する際は、「小さなこどもがいるので」「プライベートでリフレッシュしながら仕事を続けて、会社に貢献したい」など、誤解を招かない説明を心がけましょう。

失敗例7:想像以上の残業に参ってしまった

(35歳・男性の場合)
子どもの将来のことを考え、給料が多い同業他社に転職。子どもにもよい教育を受けさせてやれると妻も喜んでくれました。仕事の内容にも不満はありませんが、残業が想像以上に多く、帰りが毎日遅くなってしまって…。子どものためと思い転職しましたが、逆に子どもとの時間が減ってしまい、これで良かったのかと悩んでいます。

アドバイス
仕事をしている以上多少の残業はつきものですが、必要以上の残業は会社にとっても良いこととは言えません。あなたの場合、仕事に不満はないとのことですので、これから長く仕事をしていく上での不安材料は早めに解消するようにしましょう。
まずは上司と残業の現状について相談をし、毎日残業になってしまう原因を見つけることから始めてはいかがでしょうか?仕事の有無に関わらず、周りの雰囲気で毎日の残業が当たり前になっていないかを確認。終わらない仕事量なのか、「就業時間に帰る」という意識が会社全体で薄れていないかを考えてみましょう。
残業の正当な理由もなく、改善も見られない場合は、再転職も考えるべきかもしれません。

失敗例8:面接に素で挑んでしまい失敗

(27歳・男性の場合)
今の会社では自分の知識や経験が活かせていないと感じ、転職をすることにしました。魅力的な会社を見つけてすぐに面接に行くと、仕事内容は申し分なかったのですが、体育会系のノリに違和感が…。ありのままの自分を見てもらおうと、面接ではあえて取り繕うことはしませんでした。結果、「能力は申し分ないが自社の雰囲気に合わない」と不合格に。魅力的な仕事だった分、今ではなぜあの時少しでも歩み寄らなかったのかと後悔しています。

アドバイス
面接の際に自分を偽り、相手企業の雰囲気に無理に合わせることはあまりおすすめしません。しかし、面接という場面において、ライバルたちは多少なりとも自分を偽り、いつもの何割増しかのテンションで挑むものです。そうすることで相手に「元気でやる気のある人だ」という印象を与えることができます。
周りがやる気いっぱいの中、あなただけがいつもと変わらない素の姿で面接に挑むと、ライバルたちに比べてやる気が伝わらず、面接担当者に不安だけを与えてしまうでしょう。自分の能力に注目してほしいのであれば、面接担当者の不安を払拭することは不可欠です。

失敗例9:気持ちが先走り面接の準備不足に

(29歳・男性の場合)
以前から、大手企業並みのスキルを持つ先輩の仕事ぶりに憧れていました。30歳を目前に「自分ももっと技術を上げて、先輩のようになりたい」と思い、大手企業への転職を考えるように。転職活動ではただ大手ということだけを理由に面接に挑みましたが、不合格続きでした。焦る気持ちが先走ってしまい、自分が将来どうなりたいか、そのために何が必要かを面接前にしっかり準備するべきだったと反省しています。

アドバイス
ご自身でもすでに反省されているように、面接前にはしっかりとした事前準備が必要です。さらに「大手に就職したい」という気持ちだけでは、「企業側が何を求めているのか」といった質問に全く応えきれていない可能性もあります。大手企業に入ってスキルアップを目指すのは全く悪いことではありませんが、就職したからといって、その企業でスキルアップに繋がる環境が用意されているとは限りません。採用担当者は面接時、「この人を採用したら会社にどんなメリットがあるのか」を見極めています。だからこそ、きちんと自分の長所を知ったうえで、企業のニーズにどう活かせるのかを明確に説明できるようにしなければなりません。

失敗例10:自分のスキルに合った転職先を探さなかった

(27歳・男性の場合)
務めていた会社の業績が不安定だったので、「今より環境の良い職場で、年収も高いところに就きたい」と思い転職を決めました。ですが、現実はそう甘くはなく、ほとんど1次面接で不合格に。転職の相談で「もっと視野を広げて、まずはスキルアップを目指してみては」とアドバイスをもらいましたが、受け入れられず…。結果、就職できた会社でも自分のスキル不足を露呈する形になってしまい、また転職を考える羽目になってしまいました。

アドバイス
「収入が安定した会社で働きたい」という希望は誰もが持っており、現にそういった理由で転職を考える人は増えています。しかし、採用する企業側からすれば、安定だけを求める人材はまず受け入れないと言ってもいいでしょう。企業が欲しい人材は、「会社にとって良い刺激を与え、業績に貢献できる人材」なのです。まずは自分に足りないスキルを把握し、そのスキルを伸ばせる会社を選びましょう。転職のきっかけが「安定した収入」であっても、面接に臨む際はその企業で何をし、自分がどうなりたいのかを明確に伝えられるようにしてください。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー