より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME自分の希望を実現させる転職の手順
結婚を機に転職する際に注意すること

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

結婚を機に転職する際に注意すること

人生の一大イベントである結婚。重要な人生の節目だからこそ、それにともなう転職は計画的にすすめる必要があります。ここでは、転職のベストなタイミングと希望する働き方をするための転職の仕方を紹介しています。興味のある方はチェックしてみてくださいね。

転職は結婚前と後どちらにすべき?

人生のターニングポイントである結婚は、大切な人と家族になれる喜びが味わえる一方、様々な生活の変化に戸惑うタイミング。特に結婚をきっかけに今までの勤務先の通勤圏外に転居する必要がある場合や近いうちに妊娠・出産を考えている場合などは、転職を考える必要があります。ここでは、より良い転職ができるように、結婚前後の転職のメリットとデメリットを比較。ベストな転職のタイミングをいくつか紹介しています。

結婚前に転職する

メリット

  • 結婚後のストレスが少なくてすむ
    住む場所や人間関係が大きく変わる結婚。環境の変化が大きいため、知らないうちにストレスを溜めてしまうことも少なくありません。転職も同じように新しい職場の人間関係や仕事内容に慣れるまでストレスを感じやすいもの。環境変化によるストレスで体調を崩さないためにも、結婚前に転職し、環境が変化する時期をずらすと良いでしょう。
  • 収入の高い職に就きやすい
    正社員ほど、独身の人が採用される確率が高いようです。なぜなら、企業がより仕事に集中できる人材を採用したいと考えているから。結婚前の転職を目標とされる方が多いのもうなずけます。収入や企業規模など、好条件な転職がしたい方は、結婚前に転職すると良いでしょう。

デメリット

  • 結婚後の手続きが面倒
    結婚すると様々なことが変わります。苗字が変わった場合は、職場でどう名乗るか考え直さなければなりません。周りへの結婚報告も必要になるため、少々手間に感じることも。パートナーの扶養に入る場合、会社で新たな手続きが必要です。

結婚後に転職する

メリット

  • 家庭を優先して働きやすい
    結婚後に転職をした場合、家庭を優先して働きやすいようです。理由は、会社側が結婚していることを前提に雇用するため。その分、給与などの条件は厳しくなることが多いですが、残業や休日の配慮をしてもらえるのは助かりますね。

デメリット

  • 正社員で採用されにくい
    妊娠や出産の可能性があるため、結婚をしていると「採用してもすぐに辞めるかもしれない」という印象を与え、正社員での採用が難しくなることもあるそう。またパートナーの仕事の関係で転勤が考えられる場合も、「採用してすぐに辞めるかもしれない」と思われてしまうので、就職しにくくなってしまうのです。
  • 産休をとりにくい
    転職して1年くらいは、なかなか産休をとりにくいようです。理由は、仕事をやっと覚えるかどうかというタイミングで辞めたり、休まれたりすると企業側が困るから。そのため、「結婚や出産の予定は?」と面接で質問する企業があるくらいです。

結婚前の転職が無難

結婚を機に転職をするベストなタイミングは、結婚前。実際に結婚後に転職した女性からも、「やっぱり結婚前に転職しておけば良かった」という意見が多くあがっています。女性のための求人・転職サイトである「とらばーゆ」によると、「結婚前後で実際に転職をしたタイミングはいつか?」という問いでは「結婚後」(37%)が「結婚前」(28%)を上回っている一方、「どのタイミングで転職をするのが良いか?」という問いでは、「結婚前」(30%)がトップ。転職をして仕事を安定させてから結婚するのが無難なようです。

希望する働き方ごとの転職の仕方

転職と一言に言っても、希望する働き方は人それぞれ。ここでは、希望する働き方をするための転職方法を紹介しています。

正社員として働き続けたいケース

子育てを考えている場合

子育てをする予定がある方は、結婚前に転職すると良いでしょう。転職先の人間関係や仕事に慣れ、落ち着いてから結婚することで、子育ても仕事も無理なくすることができます。

子育てを考えていない場合

子育てをする予定がない方は、結婚後に転職すると良いでしょう。転職後に産休・育休を取る必要がなければ、慣れている前の職場で新たな結婚生活をスタートさせ、プライベートが落ち着いてから転職。長年勤めた会社であれば休暇もとりやすいので、結婚時に休暇をとり、その後転職を考えると良いでしょう。

出産後は育児中心、その後仕事に復帰したいケース

結婚後は出産や育児を優先し、子供の手が離れてから仕事に復帰したいという方は、パートやアルバイト、契約社員や派遣社員になる方が多いようです。家計が問題無ければ、仕事と家事を両立するためにも、キャリアダウンを選択するのも良いでしょう。ただし、ブランクがあると正社員のような条件で再就職するのは難しいのが現状。キャリアダウンはリスクを伴うことを知っておきましょう。派遣社員であっても、専門性を身に着けることで、より良い条件で仕事に就くこともできますよ。

パートナーの転勤に合わせて転職するケース

結婚に伴い引っ越さなければいけない場合、現在の職場で働くことが難しくなることもあるでしょう。そんな時はまず、会社に転勤できるか相談しましょう。場合によっては、支社や支店、グループ会社に勤めることもできます。また、一部の金融機関に限った話ですが、転居先で勤務できるように支援してくれる仕組みもあります。まずは会社に相談してみることが大切です。なお、同じ会社での勤務が難しい場合には、転居と結婚を同時に進めるようにしましょう。少しでも早く生活の基盤を整え転職活動をすることで、より有利な条件で転職することができますよ。

まとめ

人生の節目となる結婚と転職にはベストな転職タイミングがあります。しかし、希望する働き方によってはタイミングや転職方法が異なります。理想通りの仕事に就くためにも、しっかりとキャリアプランを設計し、より良い転職につなげましょう。

とはいえ、どのようなキャリアプランを設計すれば良いのか、どんな転職先が良いのか自分ではなかなか判断し辛いもの。転職するために企業情報を調べても実情はなかなかわかりません。そんな時に、おすすめなのが転職サイト。転職サイトであれば、質の高い有用な求人情報を集められるだけでなく、キャリアプランの相談に乗ってくれたり、スケジュールの調整や年収の交渉といった面倒な作業も代わりにしてくれたりします。

なかには、それらのサービスを無料でしてくれる転職サイトも。このサイトでも、カウンセリングや各種書類のアドバイス、面接対策や条件交渉と、入社までの全てのサービスを無料でしてくれる転職サイトを紹介しているので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー