より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME自分の希望を実現させる転職の手順
女性だけの職場でうまくやるコツ

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

女性だけの職場でうまくやるコツ

女性の中にはセクハラやパワハラを経験し、女性が多い職場へ転職を検討したほうがいいのか考えている人もいるのではないでしょうか。ここでは女性が多い職場にスポットライトを当て、気を付けておいた方がいいポイントを紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

女性だけ・女性が多い職場の特徴

職場に限らずその場に女性が多いとき、なんとなく空気がギスギスしてしまっていることってありませんか?全ての会社に当てはまるわけではありませんが、女性同士の妬みからくる陰口や悪口がきっかけでいじめにつながるケースが少なからずあるのは事実です。ここでは女性が多い職場で見られる特徴をいくつか紹介しています。

複数グループで派閥が起きる

女性は自分が居心地のいいメンバーを集めてグループを作りがちです。中には群れたくないと思いつつも「嫌われたくないから」「文句を言われたくないから」と、ついつい周りの目を気にしてしまいグループに所属する人も多くいます。結果、複数のグループができて気にいらないグループと派閥になり、自分も巻き込まれてしまうのです。

ひどいグループでは「一緒にランチしないと仲間ではない」と、のけ者にされることもあるので、もし今後グループに所属するのなら最低限の関わり程度で抑えていられるグループを見極めて所属する方が平和に働けるのかもしれません。

自分より魅力的な人を標的にする

「自分より幸せそう」「あの人に彼氏がいて私にはいない」「年齢が若いからチヤホヤされている」などかなり理不尽な理由で女性は人を妬んでしまう生き物です。自分に持っていない魅力的なスキルを持っている人に対して嫌悪感を抱いてしまうこともしばしば。

特に一部の30代女性に「まだ女性として見られたい」「まだ輝いていたい」と思う人がいます。そんな時に魅力的で自分より若い20代が近くにいるとどうでしょうか…。強いコンプレックスを抱いている30代女性は邪魔だと思ってしまうはず。それらが嫉妬や嫌悪感につながって、嫌がらせまたはいじめが始まってしまうケースも少なくないのです。

陰口を言う人が多い

女性が多い職場で1番ありがちな特徴です。働く女性の中には毎日同じ事の繰り返しで退屈だと感じている人がいます。こちらも全員が当てはまるわけではないですが、仕事にも余裕ができて周りをよく見ることができるようになってくるのです。そこで多く目にとまるのは「人の悪い所」。そうすると自分の中で「なんであんなに要領が悪いのだろう」「もっと周りに配慮をしてほしい」などとストレスが溜まってしまい、周りの人に悪口を言ってしまうのです。

人の悪口を言っているときはとても刺激的で盛り上がってしまいます。お話が大好きな女性からすれば一番のストレス発散方法なのかもしれません。

謎の権力者が存在する

「あなたより私の方が長く勤めているから私の方が上」「この会社のことなら何でも知っている」というなぜか「私はえらい」オーラを出しているお局さんタイプの人がまれに会社に存在します。そういった人たちに歯向かうと取り巻きの人に嫌がらせされるのはお決まりのパターン。やっかいなのはお局さんタイプの人たちに限って仕事もできますし、会社側からしても知識がない新人さんが辞めるよりお局さんが辞める方が痛いため、上司も何も言えなくなってしまうのです。そのためお局さんタイプの嫌がらせはだんだんエスカレートしていく一方で、新人さんの辞職届けが絶えないというパターンが多いのも現状です。

いかがでしたでしょうか?ここまでは、女性の職場で多い特徴をピックアップしてまとめてみました。「働いている時だけの我慢」と割り切ってしまえば良いのですが、巻き込まれると落ち着いて仕事ができなくなる可能性もあります。どうしてもやりたい仕事がある人や男性に対してトラウマを持っている人など、「女性が多い職場」を選択せざるを得ない状況もあるでしょう。それではどうやったら女性が多い職場で上手くやっていけるのでしょうか。

うまく立ち回るためのコツ

女性が多い職場の怖さを知ったあとは、それを回避するためにはどうしたらいいのかを学んでいきましょう。ここでは、女性だけの職場だと不安を感じている人のために「うまく立ち回るためのコツ」について紹介していきます。

充実した女アピールをしない

女性は嫉妬しやすい生き物です。ブランドのバッグや彼氏の話をすると「あの子は自慢話ばっかり」と妬まれてしまう原因になります。会社で平和に過ごしたいと考えているのなら、自分の不幸話を適当にするくらいが丁度いいのかもしれません。でもこの時に「またナンパされた!ホイホイついていくような軽い女に見えているのかな」といった自虐風な自慢話にならないように注意をしましょう。

社内の人の文句を絶対に言わない

会社の人の文句を言うことは、社会人としてのマナーにおいて失礼にあたります。文句を言われた本人に伝わるリスクも考えると、絶対に避けていたほうが良いでしょう。心のどこかで「この人は信頼できるから大丈夫」と思っていても辞めておくのが無難。

グループに所属している場合、そのチーム内にいる人は「分かる!分かる!」聞いてくれるかもしれませんが、周りからしたら「悪いうわさばかりをする人」と周りを含めたあなたも評価が下がってしまいます。自分はうわさ話程度に思っていても、人によって捉え方は違うため悪口になってしまっている場合もあるので要注意です。低い評価をされ続けるとだんだん会社に居づらくなってしまうため、人のうわさ話には気を付けておきましょう。

苦手な人でも共通点がないか探してみる

第一印象で「この人は無理だ…」と感じてしまうと、なかなか壁を超えることは難しいところ。でも壁を乗り越えれば、あなたもあなたの周りの人も働きやすい環境を作ることができます。

共通点を探す際におすすめなのは「出身校」「出身地」「好きなタレント」を聞いてみることです。こういったキッカケ作りをしていくことで、意外な共通点が見つかって思っていたより仲良くなれる可能性があります。

ここでの注意点は相手の話を聞くことです。相手の話を遮ってしまうことで「質問しておいて何この人」と相手に不愉快な思いをさせてしまうこともあります。しっかりと相手の話を聞きましょう。また質問をした際に相手の好みや趣味は否定しないようにするのも押さえておきたいポイントです。

いきなり個性を前面に押し出さない

最初の段階で派手な格好や濃い個性を出すと、先輩社員に高確率で標的にされるでしょう。そのため自分が配属されたチームの人間関係やカラーを把握するまでは、自分の個性は抑えておくようにするのがベスト。いったんは様子見期間を作ることをおすすめします。

以上の4つのポイントを抑えておくとお局さんやボスから標的にされることは免れるでしょう。世間的には常識やマナーが備わっていれば得に問題はないと思われがちですが、女性が多い職場に関してはイレギュラーなところもあるので少し難しいところです…。

そういった面倒くさいことに巻き込まれたくないと考える人は一匹狼になるのも1つの手。でも業務上で困った時や非常事態の時に頼る人がいないのはとても困ります。少しの人脈は作っておくべきだと言えるでしょう。

まとめ

女性が多い職場の特徴と上手く立ち回るコツをいくつか紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

女性が多いと必ずしも環境が悪いわけではありませんが、自分に「合わない」「ここの会社だとストレスがたまる」と感じた際には、転職を検討するべきです。働き出すと1日の大半を仕事場で過ごすことになりますが、毎日のように陰口やご機嫌を伺っていると絶対に心が穏やかにはなれません。結果ストレスがたまり体調が優れなくなってしまうという悪循環が生まれてしまいます。ストレスで身体を壊してしまっては元も子もありません。

よって、職場環境は本当に大切だと言えます。そんな時に活用していきたいのが転職サイト。最近の転職サイトのスタッフは人材採用のプロが在籍していることがあります。そのスタッフが実際に応募しようとしている職場の雰囲気を知っていて聞くことができたり、自分にあった職業を親身になって考えてくれたりと充実したサービスが整っているので、職選びに失敗しづらいと言えます。

また「女性のみの会社」「残業無し」と細かい設定をして仕事を探すことができるので、スタッフのサポートを受けつつ自分に合った職探しをしたい人にはとてもおすすめの方法です。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー