より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME自分の希望を実現させる転職の手順
履歴書・職務経歴書作成のポイント

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

履歴書・職務経歴書作成のポイント

履歴書や職務経歴書作成のポイントをお教えします。

履歴書・職務経歴書からキャリアはもちろん熱意や人柄までわかる

履歴書や職務経歴書は、書くことを事前にまとめ、ていねいに書くことを心がけましょう。企業の人事担当者は、1枚の履歴書や職務経歴書から、書いた人の職歴だけでなく、仕事にかける熱意や取り組み方、人柄まで読み取ってしまうといわれます。

実際、手書きの履歴書・職務経歴書を見て、字が乱暴に書かれていたり、誤字脱字が多かったり、書き損じを雑に修正していたり、言いたいことがまとまっていなかったり、といったアラが目立っていれば、採用する気持ちは萎んでしまいます。

履歴書作成で見落としがちなチェックポイント

書きたい内容を事前にまとめておくこと、字をていねいに書くことは当然として、意外と見落としがちなチェックポイントを挙げていきます。

  • 筆記用具は細字の水性ペンか万年筆。ボールペンはNG。
  • 書き損じたら、新しい用紙で書き直し。修正液の使用はNG。
  • 写真映りに自信がなければ、写真スタジオなどで撮ってもらうと効果アリ。
  • 学歴は、義務教育は卒業年次だけでOK。それ以上の高校や大学などは入学年次、卒業年次どちらも記入。学部学科も入れる。
  • 職歴は、入社歴、退社歴のすべてを記入。仕事内容を伝えたいなら、配属部署も書き入れる。
  • 資格や免許は、応募先の企業に無関係と思われるものでも書き入れておく。現在取得中、勉強中の資格があれば、それも記入しておくとアピールになる。

職務経歴書で見落としがちなチェックポイント

職務経歴書の場合も、書きたい内容をあらかじめまとめておき、字はていねいに書くことを心がけます。それ以外に、見落としがちなポイントを挙げていきます。

  • 時系列でまとめるか、仕事内容ごとにまとめるかを統一すること。技術職は仕事内容ごとにまとめた方がわかりやすい。ただし、仕事内容ごとにまとめる場合も最小限の年・月は書き入れておく。
  • 事実や成果、情報のみを具体的に記入する。抽象的にならないように。感想などは入れない。
  • あまり冗長にならないように。A4用紙1枚に収まるのがベスト。

履歴書などの自己PR欄を書く前に自己分析を思い出そう

転職活動をはじめる前の準備として、自己分析をしておくことを強くオススメします。

この時に自分や仕事、人生について深く掘り下げたさまざまなことが、自己PR欄に書くべき内容となるからです。

自己PRとして有効なのは「自分が取り組んできたこと」「応募先の企業でこれから実現したいこと=応募先の企業を選んだ理由」といった内容です。これらはすべて、自己分析の段階で考えたことであるはずです。

書き上がったら必ず第三者(できれば専門家)の目でチェックを

自分では会心の出来だと思える履歴書・職務経歴書でも、人事担当者の厳しい目から見れば、たくさんのアラがあるものです。

書き上がったら、必ず第三者、それもできれば面接などの知識や経験がある専門家にチェックしてもらいましょう。

その点、転職エージェントのキャリアコンサルタントの目は確かだといえます。また、転職サイトには、履歴書・職務経歴書のフォーマットやサンプルをダウンロードサービスを行っていることもあります。こういうサービスは最大限に活用しましょう。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー