より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME自分の希望を実現させる転職の手順
仕事を辞めたいけど言えない

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

仕事を辞めたいけど言えない

「仕事を辞めたい」と1度でも思ったことのある人は多いでしょう。辞めるのなら円満退職したいもの。ここでは、仕事を辞めたいけど言えない人のために円満退職するためのポイントをご紹介しています。

就職をした理由

会社に就職したものの、1度くらいは「辞めたい」と思ったこと、ありませんか?なかには「せっかく就職した会社をどうして辞めてしまうのか」と不思議に思う人もいるでしょう。退職するにせよ、今の会社に居続けるにせよ、そもそもどうして就職したのかを考えてみることは大切です。ここでは、退職を選んだ人が「なぜその会社に就職したのか」の理由をご紹介します。今の自分の仕事を見直すためにも、ぜひ参考にしてみてください。

「辞めたい」と思ったことのある人の就職理由には「就職する以外の選択肢がなかった」というものがあります。「就職するのが当たり前」で、やりたい仕事ではなく、就職できる会社を選んだという人もいるでしょう。就職のために大学に行って、会社選びも就職できるかどうかが判断基準になっているというケースは少なくありません。

「やりがいのある仕事がしたい」と思っていても、現実は「とにかく就職して安定した生活を送りたい」と、本来望んでいた職とは違う会社を選ぶ人は多いもの。特に就職難が問題視される現代では、採用されることが最終ゴールになりがちです。面接で「御社の企業理念に共感して…」「御社の業務内容に興味があります」と述べていても、心の中では「採用してくれるならどこでもいい」と思っている人もいるのです。

本当にやりがいのある仕事を求めるのであれば、「起業」という選択肢もあります。ですが、起業したとしても安定した生活が待っているとは限らず、リスクがつきもの。イチかバチかに賭けるより、安定した生活のために妥協して企業を選ぶことは間違いではありません。ですが、せっかく採用をもらえても、志望動機と自分の本心にズレがあるため、実際に働いてみても「こんなはずじゃなかった」と感じてしまいがち。

仕事にやりがいを求めるにせよ妥協するにせよ「何となく」ではなく、しっかり自分の気持ちと向き合うことが重要になります。

なぜ辞めたいと思ったのか

厚生労働省が発表した「平成25年若年者雇用実態調査」によると、退職理由の1位は「労働時間・休日・休暇の条件に対する不満」となっています。2位には「人間関係」、3位は「仕事が自分に合わない」という理由。意外にも「給料の低さ」は退職理由としては4位でした。収入以上に「働きやすさ」や「やりがい」を重視する人が多いようです。

調査結果を見てみると、入社してから「こんなはずでは」とギャップに不満を感じている人が多いことは明らか。次の転職先で後悔しないための方法として、転職サイトや口コミサイトの活用がおすすめです。実際に働いている、もしくは働いていた人のリアルな口コミや評価が載っているので、求人票だけでは分からない労働条件や環境の実態を参考にできます。ただ、口コミの中には感情的なものもあるため、うのみにするのはNG。あくまでも企業情報の参考として、上手に活用しましょう。

どのように退職を伝えるべきか

退職するのであれば、上司や同僚とトラブルやしこりを残さずに円満に進めたいですよね。ここでは、上司や同僚に退職を伝えるベストなタイミングや注意点をご紹介します。

目指せ!円満退職のための3ヶ条~上司編~

その1.時期を見誤ることなかれ!繁忙期はNG

退職するベストなタイミングは、年末の12月と年度末の3月。年度の区切り目になるので社内や社外との引継ぎをスムーズにでき、同僚や関係者に負担をかけることなく退職可能な時期です。

逆に、退職を避けたい時期は「繁忙期」。人手が足りない忙しい時期に上司に退職したいと告げても、受け入れてもらえない可能性があります。そのため、話を聞いてもらいやすい繁忙期以外の時期に退職したいと告げるのが良いでしょう。

大きなプロジェクトの途中や人事異動後も引継ぎが難しくなってしまうため、避けるのがベターです。退職を告げるのであれば、プロジェクトの完了直後や人事異動の内示直後がベストです。

その2.今すぐ退職はNO!1~3ヶ月前に直属の上司に伝えよう

どれだけ今すぐに退職したいと思っていても、「本日付けで退職させてください」は社会人としてマナー違反。退職日の1~3ヶ月前に伝えるのが、一般的です。ただし、会社の就業規則によってルールは異なるため、前もって確認しておきましょう。

また、退職の意思を直属の上司ではなく、人事やそのほかの上司に話すのはNG。たとえ退職理由に直属の上司が関係しているとしても、上司を飛び越えてしまうと後々トラブルになりやすいので避けましょう。最後まで会社の組織体系を尊重する気持ちを忘れないことが、円満退職のポイントです。

その3.会社や上司への不満は伝えるべからず!感謝の気持ちをプラス

どうせ辞めるのだから、上司や会社への不満や批判をすべて伝えてしまいたいところ。けれど、円満退職のためにはグッとこらえて、あくまでも個人都合だと告げましょう。「お世話になったのですが…」と、会社や上司への感謝の気持ちを添えたうえで、感情的ではなく落ち着いて退職の意思を示すのがいいですね。

たとえ会社や上司への不満をぶつけたとしても、「不満要素を改善するから」と引きとめられかねません。不満ではなく、次の会社で何をやりたいのか、今の会社ではできないことを中心に伝えると退職までスムーズに進めやすくなりますよ。

ただし、上司に押し切られないためにも、退職への強い意思はしっかり伝えておくことが大切です。その際、退職日を一方的に伝えるのではなく「○月までに退職を考えています」と相談するように持ち掛けるのがおすすめです。

目指せ!円満退職のための3ヶ条~同僚編~

その1.引継ぎや残務処理への配慮を忘れない

退職した後も業務がスムーズに回るように、引き継ぐ同僚への配慮を忘れてはいけません。退職時期を繁忙期に当たらないように調整したり、有給消化をするのなら退職を告げる日程を早めたりする必要があります。

小規模な会社や後任者が見つかりにくい仕事内容・ポジションの場合は、さらに余裕を持って退職日を設定するのが円満退職のポイントです。どんなにすぐ辞めたいと思っていても、引継ぎと残務処理が不十分な状態で退職してしまうのは社会人としてNG。会社の状況を見ながら退職のタイミングを決めましょう。同僚が温かく退職を受け入れてくれるかどうかは、あなたの配慮にかかっています。

その2.退職することを同僚やまわりに気軽に吹聴しない

上司に退職を伝えて、退職する日が決まると気持ちも楽になりがち。いくら退職が決まったからといって、気軽に同僚や取引先などに知らせるのはやめましょう。「自分のことだから」と思うかもしれませんが、退職は職場のモチベーションや取引先との関係にも繋がるので、会社としては慎重に扱うべきデリケートな話題。そのため、まわりに伝えるタイミングは上司や会社と話し合っておきましょう。

その3.トラブルのもと!転職先の自慢や今の会社の悪口は絶対NG

転職先が決まると喜びのあまり、舞い上がってしまうもの。ですが、その喜びを共有したいと同僚に転職先を自慢したり、取引先に嬉々と退職の報告をしたりするのはトラブルになりかねません。あなたが退職する会社は、同僚にとってはこれからも通勤しなければならない職場です。それを忘れて「こんな会社、辞められて良かった」と口にしては、同僚との関係を悪くしてしまいます。

どれだけ今の会社に不満があろうとも、円満退職したいのであればこれからも働き続ける社員への気遣いは必要不可欠。いたずらに人間関係を悪化させずに、謙虚な姿勢を見せながら引継ぎ業務を進めるのが賢い退職方法です。

番外編.こんなときどうすればいい?パターン別解決法

「きみはこの会社に必要な人材だ」

上司に退職を引き留められたとき「そこまで言ってくれるのなら…」と一瞬心が揺れてしまいます。ですが、本当にその会社を退職したいのであれば、きっぱり断るのが大切です。気持ちを固めておくためにも、上司に告げる前に「本当に辞めてもいいのか」と自分の気持ちとしっかり向き合っておきましょう。

「次の転職先は決まってるの?」

もしも次の転職先が競合会社の場合、上司から転職先を聞かれても伝えないほうが無難。なぜなら、他社に漏らしたくない情報や知的財産が流出してしまうのでは?と思われてしまうからです。競合会社じゃない場合でも、今いる会社より大手だったり待遇がよかったりする場合、妬みのもとになってしまう可能性が。円満に退職するためにも、次の転職先については「これから探します」と告げる、もしくは上手くはぐらかしましょう。

転職についての心構え

退職を決めたあとは「転職」について考えなければいけません。転職の心構えとして「本当に転職したいのか」「転職する必要があるのか」「退職しても後悔しないか」としっかり向き合っておきましょう。ここを曖昧にしたまま転職活動を進めると、のちに「本当に良かったのか」と迷ってしまい、退職も転職もうまくいかなくなってしまいます。転職の成功には自分自身や今の会社と向き合うのが重要。そのためには「なぜ転職したいのか」をハッキリ明確化することが大切です。

自己分析の方法として、まずは今の自分の悩みや不満を書きだしてみましょう。「給料が安い」「会社の考え方と合わない」「同僚と折り合いが悪い」など、なんでも構いません。書きだしたあとは、悩みや不安に対する願望をあげていきます。給料の安さが不満であれば「月に○万円欲しい」と書きだすことで「なぜ転職したいのか」を明確化できるのです。転職したい理由を明確化しておけば、色々な企業に目移りせずに効率良く転職活動を進められますよ。

次のステップとして、今の自分のキャリアを整理しておくといいですね。時間や手間はかかりますが、職務経歴書の作成が楽になるので後々のためにもやっておきましょう。同時に今後どんなキャリアを築いていきたいかハッキリさせておくと、面接でのアピールにもなりますよ。自分のことを客観的に見られないという人は、転職エージェントやハローワークなどの転職の専門家に相談するのがおすすめです。

まとめ

人生の大きな転機になる「退職」と「転職」。自分の決断が本当に正解なのか悩む人もいるでしょう。その際、一人で悩むよりも転職エージェントに相談するのが解決の近道です。転職に関する多くの悩みと向き合ってきた経験を活かした、客観的なアドバイスがもらえます。さらに、エリアに特化した転職エージェントであれば、自分の望む企業があるのかどうかも教えてもらえますよ。

転職活動は在職中に行うのがベターですが、忙しくてなかなか手が回らないという人もいるでしょう。転職エージェントは書類の提出や面接の日程調整の代行もしてくれるため、転職活動の強いサポーターとなってくれますよ。無料の個別相談会を開催しているエージェントもあるので、まずは足を運んでみてはいかがでしょうか。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー