より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME自分の希望を実現させる転職の手順
営業を辞めたい人が転職で成功するためのポイント

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

営業を辞めたい人が転職で成功するためのポイント

営業は数ある職種の中で最も求人が多いうえ、合う・合わないがハッキリしている職種です。ここでは、営業を辞めたい人が転職する際のポイントを紹介します。職種や職場を変えたいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

営業を辞めたくなる理由

営業は会社の売り上げに直接かかわるので、会社に欠かすことのできない非常に重要な存在です。それゆえに、辛いこともたくさんあります。

さまざまな理由から、営業を辞めたいと思っている人は多いはずです。営業を辞めたい人が考えるやめたい理由とはどのようなものでしょうか。

人付き合いが苦手

営業を辞めたい理由として真っ先に上がるのが、人付き合いへの苦手意識。営業は取引先やお客さんの元に出向いて、製品やサービスの紹介をしたり取引を持ちかけたりします。仕事柄、どうしても人と接する機会が多くなるもの。人と接するのが苦手な人は、大半の時間を人とのコミュニケーションに費やす営業の仕事に、キツさを感じるようになるでしょう。

ノルマがプッシャーになる

営業は会社の売り上げに直結するため、会社によってはノルマが課せられます。ノルマが達成できなければ会社内で居心地の悪さを感じるだけでなく、上司に叱責されることも…。人によっては、プレッシャーに耐えきれないかもしれません。

勤務時間が不規則

営業は取引先の都合に合わせる必要があるので、就業時間を過ぎて商品やサービスの説明に行くことがあります。接待や懇親会に参加する場合は、深夜まで及ぶことも。仕事の時間が不規則になってしまうため、体力的に負担がかかってしまいます。

販売商品に魅力がない

営業マンは取引先やお客さんに商品の魅力を説明する立場です。しかし、商品によっては「競合会社よりも販売価格が高い」「効果がない」「メリットが小さい」場合もあります。魅力のない商品を売ることで自分が詐欺師になったような気分になり、自己嫌悪に陥ることも。気持ちの切り替えができない人は、悩んでしまう可能性があります。

飛び込み営業がキツイ

飛び込みの営業は知らない相手へ商品やサービスを売り込むため、断られたり門前払いをされたりすることも…。結果が出るまで何度も飛び込み営業を行うことに精神的苦痛を感じて、辞めたいと思う人も少なくありません。

諸経費がかかる

営業は第一印象が大切なので、スーツが汚れていたりしわがついたりしているとマイナスなイメージを持たれる恐れがあります。だらしのない格好ができないためクリーニングへ出す頻度が多くなり、クリーニング代がかかってしまうのです。

ひどい会社になると出張に行ったときの手土産や接待費などを自分で負担する場合も。小さい出費が重なり、きつくなって辞めたくなります。

営業へのマンネリ

営業は大きな売り上げを出せたとしても翌月にはリセットされ、またイチから積み重ねることの繰り返し。このルーチンワークにやりがいを感じられず、どんどん苦痛になる人もいます。常に刺激を求める人には、物足りない仕事かもしれません。

営業を続けていくための方法

営業は確かにキツイ仕事です。しかし、やり方や考え方を変えてみると楽になるかもしれませんよ。すぐに辞めるのではなく、一度続けるための方法を考えてみてはいかがでしょうか。

「怒られている」と思わない

営業はお客さんから怒られることが多いです。ただ落ち込むだけでは、仕事が辛くなるだけ。考え方を変えて「教えていただいている」と受け取ると、気持ちがだいぶ楽になりますよ。

営業のメリットを考える

営業をする際のモチベーションとなるのが、インセンティブ。成果に応じたインセンティブを払ってもらえる会社なら、いくらでも給料を上げることが可能です。継続的に成果を出せると任される仕事が増え、スピード出世も夢ではありません。

人間関係を整理する

営業が嫌になる要因に人間関係があります。誰にでも好かれる八方美人を無理に演じると、精神的にきつくなるのです。一度八方美人をやめてみて、人間関係の優先順位を明確にしましょう。

営業方法を見直す

営業が上手くいかずに悩んで辞めたいと思う人は多いでしょう。上手くいかない場合は営業方法を見直す必要があります。企画提案型の営業であれば、本当にお客さんが望むことや自分がやりやすい営業手法を突き詰めるのもひとつの手です。

営業スキルを向上させる

営業にはセールストークがつきもの。セールストークを徹底的に練り上げることで、自信を持って営業できます。ただし、トークにこだわり過ぎると自己満足になる恐れがあるので、注意してください。

簡単な目標を設定する

達成しやすい目標を設定してクリアすると達成感が生まれ、やりがいを感じるようになります。目標とは「1日5件回る」や「1日15件電話をかける」など、自分次第で成果が変わる目標がおすすめです。

ノルマを気にしない

ノルマを達成できないとしても、気に病む必要はありません。まずは取引先と何度かやり取りすることでコツコツ種をまき、2~3ヶ月後に数字を出せるように働きかけましょう。将来への投資と考えれば、数字が悪くてもさほど気になりませんよ。

資料をできるだけ作らない

手の込んだ資料作りに時間をかけてしまうのはもったいないです。良い資料とは「シンプル」な資料のこと。要点を絞って、シンプルな資料を作れば説明も簡単に済みます。最小限の労力で最大のパフォーマンスができるように意識しましょう。

顧客訪問の回数を減らす

むやみな訪問はお客さんにとっても迷惑なはずです。メールやスカイプを使用すれば顧客訪問せずに要件を済ませられますし、バイク便を使えばサンプル品や契約書をすぐに届けられます。訪問回数を減らせば、交通費の節約にもなりますよ。

飛び込み営業を減らす

商材やサービスによりますが、成功率の低い飛び込み営業を一切やらないと割り切ることも必要です。現在は住居・オフィス共にセキュリティが厳しいため、門前払いされる可能性が高くなっています。かえって非効率な可能性もあるのです。

SNSやメールで営業をする

現在ではスマートフォンの普及もあり、SNSやメールで情報を拡散することが可能です。上手く自社サイトへ誘導できれば成果を期待できます。もし自社サイトがない場合は、提案してみるのも良いかもしれません。

接待要員から外してもらう

接待が苦手な場合は、接待要員から外してもらうのもひとつの手。取引先には「日程の都合が合わない」と断るのがおすすめです。最低限のマナーとして年末年始の挨拶や絶対に外せない特別な宴席に参加していれば、問題ないでしょう。

自分にご褒美を用意する

どんなに辛い仕事でもご褒美を用意していれば頑張ることができます。「飲みに行く」や「洋服を買う」など、どんな些細なことでも構いません。周りの人から思うような評価を受けられなくても自分だけは「頑張っている自分」を肯定することで、仕事へのモチベーションをあげられます。

営業を辞める方法

営業は自分に向いていないと思うと、続けていくのがとても苦痛に感じます。苦痛に感じたまま仕事を続けるのは、自分にとっても会社にとっても好ましい状況ではありません。まずはどうしたら自分の希望に合った職場環境になるのか考えてみましょう。

異動願を提出する

営業に向いていないと感じるのであれば、異動願を出しましょう。希望が必ず通るわけではありませんが、上司や人事部に自分の意思を伝えることで気が楽になります。まずは行動してみましょう。運が良ければ、希望している部署に異動できるかもしれません。

他の部署からスカウトしてもらう

営業からいちばん手っ取り早く異動する方法は、他の部署からスカウトしてもらうことです。事業計画や生産管理、商品開発など関係部門が集まる会議で能力を見せつけましょう。そうすることで、他の部署から引き抜いてもらえる可能性が高くなります。

営業以外のスキルをアピールする

会社によっては異動願を出すことで上司の機嫌を損ねたり、人事考課に悪い影響がでたりする可能性があります。その場合は「営業以外の能力」をアピールしましょう。異動希望の部署に合った能力を示すことで、異動しても問題ないと思ってもらえますよ。能力を示すうえでわかりやすいのが資格です。資格を取得していることで、ある程度知識があると認識してもらえるでしょう。

転職する

会社の営業が苦痛にもかかわらず異動のメドが立たないのであれば、転職するしかありません。転職する場合は、今の職場を逃げ出すというネガティブな印象を与えないことが大切。あくまで「前向きな理由」で転職するという理由付けが大事です。

営業が合わない・辞めたいというと、多くの人が「とりあえず3年続けてみたほうが良い」と言うでしょう。確かに3年間同じ仕事を続ければ、スキルやその職場での立ち居振る舞いが身につき、効率的に仕事がこなせるようになります。しかし、3年は想像以上に長い期間。嫌いな営業の仕事を3年間我慢するとなると、ストレスは相当なものになるでしょう。もしかすると心身ともに病んでしまい、復帰するまでに時間がかかってしまうことも十分に考えられます。

3年我慢して仕事のノウハウを覚え職歴に箔がついた頃にいざ転職を考えても、転職先が未経験の職種だとまた1から覚える必要が。仕事を覚えるまでには長い時間がかかってしまうので、で非効率です。同じ仕事を3年間務めあげるのは大切なことではありますが、向いていないと思った仕事を耐え続ける場合はデメリットの方が大きいと言えます。

他部署への異動ができないとわかった時点で、転職を考えるのがベストです。営業は長く続けていると、営業以外に転職できない可能性があります。「年齢が3歳若ければ未経験でも入社できた」なんてことも…。
また、「営業の仕事は好きだけど会社のノルマや残業代が出ない」など、職場の条件が厳しい場合も転職するのがおすすめ。ブラック企業で働く時間はあまりにももったいないです。同業種への転職活動を行いでホワイト企業の営業職を狙った方が良いでしょう。

変化を起こすのは誰でも怖いもの。「内定がきまらないで無職になったらどうしよう」「仕事を辞めるのは甘えかもしれない」など、後ろ向きなことを考えてしまいます。しかし、不安を抱えて動かないままだと状況を変えることはできません。今の状況を変えるためには、転職は重要です。営業を辞めたい・会社を変えたいと一度でも思ったなら、遅かれ早かれ転職は必要になります。仕事は一生の問題です。合わない職種、過酷な労働を強いる会社でそのまま働くのはあなたにとってマイナスになります。思い立ったらすぐ行動に移しましょう。

転職のために必要な準備

転職をする前の準備として大切なのが「貯金」です。転職をする際に問題となるのが、次の仕事が決まるまでの生活費。1年以上働いていれば自己都合で退職した場合でも失業保険が出ますが、1年未満は失業保険を受け取ることができません。そのため、転職活動を始める前は最低でも20~30万は貯金するようにしましょう。貯金がなかったら食いつなぐためにバイトや日雇いをする必要が出てきます。せっかく退職したのであれば、すべての労力を転職活動に費やすのがベストです。転職を決意したと同時に、貯金を始めることをおすすめします。

営業を辞めたいと思っている人は、どのように優良企業を見つければいいのでしょうか。まず必要なのが「自己分析」です。営業自体が嫌なのか、飛び込み営業やテレアポなど営業のやり方なのかを明確にしましょう。

もし別の職種に転職したいなら生産管理・事務・肉体労働など、自分がやりたい職種をピックアップすることが大切です。自己分析は求人を見ながら行うと、よりイメージがしやすくなりますよ。

しかし、転職活動をひとりで行うと情報に偏りが出てしまい、ブラック企業に引っかかったり合わない職種に当たったりする恐れが。せっかく転職活動をしたのに自分が希望する会社や職種に就けなければ、退職した意味がありません。

退職を無駄にしないためにもおすすめなのが「転職エージェント」の活用です。転職サイトは掲載されている求人情報を見て自分で応募するのに対し、転職エージェントはアドバイザーに転職活動をサポートしてもらえるのが特徴。登録すると担当のアドバイザーが希望の条件をヒアリングして、プロの立場からあなたに合った業種や業界、応募可能な求人を紹介してくれます。面接対策や履歴書の書き方など、就職活動で最も手間がかかる部分を省略することも可能です。プロの手を借りることで、自分だけでは見つけられなかったキャリアが見つかることもあるでしょう。しかもサービスはすべて無料。このサービスを使わない手はありません。

転職エージェントは、会社によってサポート内容がさまざま。サポート内容をしっかり調べて、あなたがキャリアアップするために最適な転職エージェントを見つけてください。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー