より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

求人検索のコツ

ここでは、求人検索のコツを紹介しています。

求人情報を選ぶモノサシは転職目的や優先順位

リクルート

あなたはこれから膨大な求人情報を目にすることになるはずです。情報を探すのはカンタン、選ぶのがタイヘンだと考えておきましょう。

選ぶ際に重要なのが、転職目的や転職条件の優先順位です。こうした事前準備をせずに、求人情報の海原に飛び込むのはオススメしません。転職することで何を実現したいのか。

どんな願いが叶ったら転職を成功だと考えるか。再度確認しておきましょう。一般的には、次の7つの項目に優先順位を付け、求人を選ぶ際のモノサシとするといいでしょう。

職種と仕事内容 給料 企業規模 雇用形態(正社員かどうか) 勤務時間と休日 勤務地と通勤時間 社風

転職を成功させたいなら転職サイト登録は必須

限られた期間でたくさんの求人情報を得たいのなら、転職サイトへの登録は必須です。

ネット検索をしたり、複数の求人誌を買ったりして、自力で求人情報を得ることはできます。しかし、それでは量的にも質的にも限りがあります

転職サイトならば、個人の能力を超えた量の求人情報が集まってきますし、一般的には目にすることができない非公開求人案件も多数扱っています。転職サイトに登録しない手はありません。

京都ならこの3つの転職サイトに登録するのがオススメ

働きたいエリアが決まっているなら、大手系と地域密着系、この2種類の転職サイトを複数登録することをオススメします。大手系には大企業を中心に膨大な求人情報が集まってきますし、地域密着系の転職サイトには中小企業の優良案件が集まってきますから見逃せません。

京都での転職を考えているあなたには、次の3つの転職サイトを「すべて」登録することを強くオススメします。

[1] リクルートエージェント

業界トップクラスの求人件数を誇る最大手。京都での求人数は非公開ですが、相当数の求人情報が集まっているでしょう。なお、その求人情報の約90%が非公開求人です。

[2] マイナビ転職

大手系の一つで、サイトのコンテンツが豊富。登録者にだけ企業から直接求人情報が届くスカウトメールや無料のセミナーや相談会など、サービスが充実しています。

[3] コトコト

京都の求人検索は大手系に匹敵し、非公開求人も多数。京都の転職事情を熟知した、京都地域密着系の代表格です。大企業だけでなく優良中小企業の案件も数多く扱っています。

ホワイト企業の見つけ方

転職をするなら、できれば長く続けやすいホワイト企業とうまく出会いたいものです。求人広告・情報のどの部分に注目すればいいでしょうか。

平均勤続年数を見てみよう

平均勤続年数の長さというのは、ホワイト企業を見分ける第一歩と言えます。では、その平均勤続年数の目安はどのくらいか、というと…企業規模や職種・分野などによって出る差もありますので、一概には言えません。

しかし「平均勤続年数が数年しかない」というような企業は、さすがに要注意と言えるでしょう。

休日や残業時間もチェック

年間休日日数や残業時間の量も、大きなチェックポイントです。

「週休二日制という点だけチェックして、年間休日日数を確認していなかった」などというケースでは、年間休日が少ない落とし穴にはまるリスクが高いです。

なぜなら、完全週休二日制なら「必ず週に2日休みがある」ということになりますが、週休二日制は「月に1回以上、2日休めれば週休二日制を名乗れる」というものだからです。

ですから週休二日制と書いていても、実際は年間休日日数が100日に満たないところも少なくありません。できれば年間120日以上の休日がある企業を選びたいものです。

また、残業時間については、具体的な数字などを書いてくれているところのほうが、信用度が高いと言えますね。「※残業あり」とだけ書かれているところは要注意です。

産休・育休取得実績の有無

「産休・育休取得実績がきちんとある」というのも、ホワイト企業の必須条件です。

ですが男性の中には「自分には産休・育休の実績など関係ない」と思う人もいるかもしれません。しかし、「産休や育休をきちんととれる企業は、労働基準法を守る意識がある」という目安にもなるのです。

そして、そうした法令順守を心がけている企業は、男性にとっても働きやすい企業である可能性が高いので、男性もこの点をチェックしておいて損はありません。

介護休暇の取得実績もあれば、なお良しです。

自分の「労働条件の優先順位」を考えよう

一般的に「ホワイト企業」と見なされている企業であっても、それが「自分が優先的に考えたい労働条件に合っているかどうか」というのは別問題です。

休日の多さ・残業の少なさ・仕事の内容ややりがい・収入の多さなど、最優先したい条件は人によって異なります。

ですから自分に合ったホワイト企業を見分けるためには「自分が転職先の条件について、何を特に優先させたいのか」という点を考え、明確にしておくことがおすすめです。

さらに詳しく知りたい方へ

ホワイト企業の見分け方や、転職成功者の生の声など、ホワイト企業への転職について役立つ情報をもっと詳しく知りたい方は、ぜひこちらのページをご覧下さい。

>>ホワイト企業の見つけ方

転職時のブラック企業の見分け方

転職先で長く働くためには、「転職時にブラック企業を選ばない」ということが非常に重要な要素となってきます。とは言え、当然ながら、求人している企業側が「我が社はブラック企業です」などと知らせてくれるわけがありません。

どこをヒントにして、ブラック企業を見分けるべきでしょうか。

採用人数に注目しよう

ブラック企業を見分けるポイントとして、採用人数を見る、というのはなかなか有効です。新規オープン等、特別な事情がない限り、大量採用を続ける企業は疑ってみた方がいいでしょう。

おいしそうな求人情報には裏がある

同業他社と比べてかなり高給に思える、など、一見「おいしい条件」を出している企業にも要注意です。

「高給に思えたが、実際はほとんど休みも無くサービス残業だらけで、時給換算すればむしろ安月給だった」「求人広告に出ていた給与例は、その会社の中でもごく一部の高給取りをモデルとした例であり、自分はそれよりはるかに少なく決められた」などという例も少なくありません。

いつも求人を出している企業には要注意

「いつ見ても、この企業は求人情報を出している」という企業も、要注意です。

いつも求人情報を出さざるを得ない=条件が悪くて人が集まらない、あるいは人を集めても定着せずすぐ辞めていく、という状態である可能性が非常に高いです。

ハローワークの求人情報にも要注意

「ハローワークは公共の機関なので、信用性が高い」と思う人も少なくありません。

しかし、ハローワークに求人情報を登録するのは無料で、しかも今のところ、求人情報の嘘に対する罰則規定がないので、「求人にお金をかけたくないブラック企業が集まりやすい」という側面もあります。

事実、厚生労働省が「平成28年度のハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数」を取りまとめたところ、申出・苦情の件数は9,299件にものぼっています。

その中で求人票の内容が実際と異なっていたと判断された件数は3,608件、求人者の説明不足と判断された件は2,335件ありました。つまり、申出・苦情の大半は、求人側に問題があったということです。

お金のかからないハローワークでばかり、いつも求人をしている、という企業には気をつけたほうがいいでしょう。

参考:『平成28年度 ハローワークにおける求人票の記載内容と 実際の労働条件の相違に係る申出等の件数』厚生労働省

その他注意すべきポイント

他にも、「仕事内容よりも、企業や仕事のイメージなど、あいまいな部分ばかりを売りにしている」「実際にそこで働いた人からの口コミ評価が総じて悪い」というような企業は、ブラック企業かもしれない、という目で警戒しつつ見定めたほうがいいでしょう。

さらに詳しく知りたい方へ

ブラック企業の見分け方や、不運にもブラック企業に入ってしまった時の対処法など、ブラック企業についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひこちらのページをご覧下さい。

>>転職時のブラック企業の見分け方

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー