より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME自分の希望を実現させる転職の手順
接客業を辞めたい人が転職を成功させるためのポイント

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

接客業を辞めたい人が転職を成功させるためのポイント

接客業長年同じ仕事をしていると、「新しい仕事に挑戦してみたい」という気持ちが出て、転職を考える機会もでてくることでしょう。

なかでも、直接お客様と対話する「接客業」をしている場合

  • お客様のクレーム対応に疲れた
  • 定年まで働ける安定した職種に就きたい

といった切実な問題に直面することがあります。

そこで今回は、接客業を辞めたいと思っている人が、転職で成功するためのポイントを解説します。

接客で培った2つのスキルを積極的にアピール

接客業の経験者は、それまで培ってきたスキルを生かして、未経験の業種に転職することも可能です。

では、具体的にどのようなスキルをアピールすればよいのでしょうか。

1.どの業種でも大切な「コミュニケーション能力」

接客業は常にお客様と近い距離で仕事をするため、お客様の僅かな表情の変化から「納得している」「怒っている」などの感情を察知する能力が身についています。

このような能力は

  • 営業先の方と円滑なコミュニケーションがとれる
  • 職場の雰囲気を乱さない
  • 初めて会う人や場所に物怖じしない

といった、他業種でも役立つ場面がたくさんあります。

2.クレームもうまく対処できる「問題解決能力」

接客業が嫌になる理由として多いものが、「顧客からの理不尽なクレーム」です。

しかし、この経験も、少し見方を変えると大きなアピールポイントとして使えるはずです。

例えば、このようなエピソードを面接で伝えてみましょう。「私は長年、パチンコ店で働いおりましたので、ときには負けが込んでイライラしたお客様に八つ当たりされることもありました。

そのとき私はただ謝るだけでなく、“自分も同じパチンコ台で痛い目をみたことがあります。本当に悔しいですよね。”というようにお伝えし、お客様に共感していることを示しました。

すると、お客様は怒りをおさめてくださっただけでなく、常連客になって私とも仲良くなってくださったのです。」

つまり、クレームにどのような方法で対処したのかを具体的に示し、「問題を解決する能力がある」とアピールするのです。

ネガティブな転職動機は避け「前向きな転職」をアピール

また、転職で大切なことは、「前向きな転職」だと示すことです。接客業を辞めたい理由は人それぞれですが、ネガティブな転職動機は面接官に伝えないようにしましょう。

「接客業が向いていなかった」は避ける

転職の理由を「接客業が向いていなかったから」だと説明すると、その業種で「何のスキルも身につけていない」と面接官に誤解される危険があります。そうならないために、「業界全体が定年まで働ける雰囲気ではないので、接客業で身につけたスキルを生かして、長く働ける業界に転職したい」というほうが印象もよいでしょう。

「人間関係が嫌だった」は避ける

クレームに対応したり販売ノルマを課せられたりする接客業では、職場である店舗などの狭い空間に緊張感が広がり、人間関係が崩れることもあります。そのような環境が嫌になって接客業を辞めたいと思うこともあるでしょう。

しかし、転職先の面接官はもちろん詳しい事情などを把握していないため、「周囲とうまくやれない人」と思われるかもしれません。そこで、「いろいろな部署と交流ができ、より多くのメンバーと協力して仕事ができる業種に挑戦したい」といった言葉で転職の希望を伝えれば、好印象となります。

つまり、同じ話でも「ポジティブに言い換える」ことによって、前向きな転職動機となるのです。

他業種へも選択の幅を広げてみよう

転職を考えたとき、次の働き先も前職と同じ業種を選ぶ人は多いはずです。未知の世界へ足を踏み入れることは、誰だって不安がありますからね。

しかし、接客業を数年経験している人は「コミュニケーション能力」や「問題解決能力」など、どの業種にも必要なスキルが身についているはずです。

未経験の業種だからと尻込みせず、選択の幅を広げて積極的な転職活動をしてみませんか。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー