より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME自分の希望を実現させる転職の手順
鬱?退職・転職を考えるタイミング

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

鬱?退職・転職を考えるタイミング

過労やストレスで心身ともに疲れてしまった…だけど無理をするしかない、そんなふうに考えていたりしませんか?ここでは、一生懸命頑張る人がなりやすい鬱の前兆や鬱の原因になる会社からの移り方、転職するときのポイントなどを紹介しています。ぜひご参考ください。

うつの前兆

「仕事が辛い、職場の人間関係がうまくいかない、体調を崩しがちで集中できない」。過労やストレスで潜在的に心の病気になってしまう人も少なくありません。ここでは、心の病気である鬱の前兆をご紹介します。

憂鬱な気分になる

憂鬱な気分になるのは、もしかすると鬱だからかもしれません。鬱には鬱状態と鬱病があります。違いは日常生活を続けることができるかどうか。続けられない場合は、鬱病だと言えるでしょう。そんな鬱である場合、気分が沈んでしまいます。また、悲しくなったり、寂しくなったり、むなしくなったりすることも。ポジティブな感情になりにくいため、いろんな出来事に興味や関心が湧かなくなったり、不安や焦燥感が強いために、ささいなことでイライラしたりします。

意欲がわかない

鬱になると意欲がわかなくなります。やる気がおこらず、何事も面倒に感じられるため、勉強や仕事、家事をする意欲がわいてこなくなるのです。そればかりでなく、以前は好きでしばしば行っていたスポーツ観戦や友人との飲み会まで億劫に感じられてしんどくなる場合も。ひどい場合は、メールやテレビ、入浴など、今まで何の苦痛も感じなかったことまでできなくなってしまいます。

頭が働かない

鬱になると思考の進み方が鈍くなります。頭が働かないと、考えが浮かばずまとまりませんし、物事に集中できず、決断ができません。健康な時は普通に考えが浮かび、手際よくできていたことが、鬱病になるとうまくいかなくなります。原因は脳の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの量が低下すること。結果、脳内の神経伝達物質のバランスが乱れた状態になり、頭が働かなくなるのです。

悲観的になってしまう

鬱病で問題なのは悲観的になること。健康な時には考えられないような悲観的な考え方に支配され、自分を責めたり、自分に罰を与えたりしてしまいます。例えば、特に心配しなくてもする必要のない子どもの行動を過剰に心配したり、将来を悲観的に考えてしまったり、職場でのささいなできごとが破滅を引き起こすと心配してしまったりと、しばしば悪い方向へ考えてしまい、考え方を自らで修正できません。絶えずネガティブに考え、自分を責め、自分を過小評価してしまい、無意識に自傷行為をしてしまうこともあるのです。

眠気がとれない

もしかすると眠気がとれないのは、不眠症だからかもしれません。眠気がとれないことで、日中に眠くなったり、注意力が散漫になったりと、いろいろな体調不良が起こります。1つだけでなく、複数の症状がある場合もある不眠症。ここでは4つ紹介します。

入眠障害

入眠障害は「寝たいけど眠れない」状態が続き、「眠くて仕事にならない」「注意力が散漫になる」といった問題が起こる不眠症。寝れなくて辛いという方は、このタイプの不眠症と言えます。

中途覚醒

中途覚醒は「夜中に何度も目が覚めてしまう」状態が続き、目が覚めてしまうと再び寝るのが難しいといった症状がある不眠症。目が覚めたら眠れなくて辛いという方は、このタイプの不眠症と言えるでしょう。

早朝覚醒

早朝覚醒は「早く目が覚めてしまい、その後寝られない」といった症状の不眠症。早起きとは異なります。睡眠時間が短いのに寝直せなくて辛いという方は、このタイプの不眠症と言えます。

熟眠障害

熟眠障害は「寝たはずなのに疲れがとれない」といった症状の不眠症。睡眠時間だけ見れば普通ですが、眠りの質が悪く、浅い眠りが続くため、心身の疲労が十分に回復できません。「寝ているけど日中眠い」という方は、このタイプの不眠症と言えるでしょう。

食べられない・食べ過ぎてしまう

もしかすると食べられなかったり、食べ過ぎてしまったりするのは摂食障害だからかもしれません。摂食障害とは、ほとんど食べられなくなってしまう拒食症や極端にたくさん食べてしまう過食症などのこと。失恋して食欲がなくなったり、ステレス解消でつい食べ過ぎてしまったりといった、拒食や過食が過度になることでなります。

ただの偏食や食べ過ぎとは違う摂食障害

摂食障害は放っておくと心身ともに病み、死に至ることもあります。とくに拒食症の場合、標準体重の60%以下になると栄養失調による腎不全や低血糖、電解質異常による不整脈や結核などの感染症と、重い合併症を引き起こすことがあります。また拒食症・過食症共に、アルコールや薬物への依存、人格障害などの精神疾患を合併することが多いのも問題。自傷行為や自殺を図るなど衝動的な行動も多くなるので注意が必要です。

電車やバスでパニックになる

もしかするとパニックを起こしてしまうのは広場恐怖症だからかもしれません。広場恐怖症とは、以前パニックを起こしてしまった場所やシチュエーションに再び遭うと、避けようとする症状のこと。人によって異なるため、パニックを起こしやすい状況は特定できませんが、傾向として「その場から離れられない状況」で広場恐怖が起きやすいようです。具体的には、電車やバス、飛行機に乗っている時や高速道路やトンネル、映画館や美容室、エレベーターなどにいる時です。

広場恐怖症の原因

広場恐怖症になる原因は、「逃げ出せない状況でパニック発作が起きたらどうしよう」という不安感が強く影響しています。特定の状況で激しい動悸や息切れ、呼吸困難といったパニック発作を起こすことで脳が誤認識。同じ状況になるとパニックが起こりそうだと思い込んでしまうのです。

広場恐怖症の問題

広場恐怖症は慢性化したり、悪化したりすることがあります。医学的には特定の状況とパニック発作の関係はないと言われているものの、だからといって放置しておいて良いものではありません。場合によっては、家から1歩も外に出られなくなってしまいます。

うつになりそうなら転職すべき

鬱が悪化する前に仕事を辞めた方が良い

  • 悪化すると治療が長引く

鬱は悪化する前に治したほうが良い病気。なぜなら鬱病が悪化すると治すのに時間がかかってしまうからです。治療にかかる時間は年単位。治すのに10年以上かかる人も少なくありません。もし鬱病になってしまった場合は、気長に構えて治療したほうが良いでしょう。

一般的にはカウンセリング療法や治療薬を用いて治療する鬱病。焦れば焦るほど症状が悪化してしまいます。そのため、「なんとかなる」と考えながら治療に専念することが重要です。

なお、治療薬は症状を抑えるためのものなので、薬だけで治せるとは思わないようにしましょう。もちろん薬を飲むことで改善される場合もありますが、飲めば治るというものではありません。悪化する前であれば、環境が変わるだけで改善に向かう場合もあるので、うつの前兆があるようなら、早めにストレスの原因から離れたほうが良いでしょう。

  • 気力や思考力が残っているうちに転職

鬱が悪化すると気力や思考力が低下し、判断力が低下します。そのため、悪化すればするほど、会社を辞めるタイミングをつかめなくなってしまうのです。「仕事が忙しいから」「体調が良くないから」と考えて、転職を後回しにしてしまうことがあるなら要注意。もし今の職場に不満があり、多くのストレスがかかっているようなら、判断できる今のうちに転職を考えた方が良いでしょう。

会社にいるリスクを考える

仕事を辞めたい人のほとんどは、今の仕事や職場環境に不満があることが多いようです。そこで考えるのが転職。しかし、未だに終身雇用制の意識が高く、「転職なんてリスクが高い」という意見が多いのが現状です。確かに一昔前の大企業であれば正しかったかもしれませんが、この考えには大きな落とし穴があります。それは「会社にいるリスク」を見落としているということ。不満を抱えたまま仕事をした場合、当然パフォーマンスが低くなりますし、ストレスで身も心も消耗してしまいます。我慢し続けた結果、病気になり、仕事ができなくなってしまうのでは、元も子もありません。

労働者には仕事を辞める権利がある

真面目な人ほど、会社に悪いと考えてしまって、仕事が辞められないもの。しかし、お互いのことを考えれば、体調が優れない場合ほど、仕事を辞めて転職したほうが良いでしょう。労働者には辞表を提出してから最短2週間後に辞める権利があります。また、鬱病などの病気で出社できなくなった場合は、例外としてすぐに辞めることができるのです。がまんしすぎて鬱を悪化させないためにも、新しい環境で仕事をすることを考えましょう。

退職を考えているなら

鬱を悪化させないために仕事を辞めるにはどうしたら良いのでしょうか?

理由を伝えて退職

仕事を辞めるためには、まず辞めることを上司に伝える必要があります。スムーズに退職できるなら問題ありませんが、場合によっては、「今抜けたら困るよ」「責任を果たしてくれ」「それは許されないでしょう」と、様々な言い方で引き止められる時もあるでしょう。特に代わりの人がいない小売業や外食産業、介護系などではよくあるようです。

「後任を用意するからもう少しだけでも続けて欲しい」などと言われ、ずるずる退職が伸びてしまうことも。しかし、鬱の兆候があらわれているなら、無理をし続けるわけにはいきません。悪化してしまったら、そもそも仕事ができなくなってしまうのです。ですから、理由を言ってすぐに辞めてしまいましょう。理由は、一身上の都合、実家に帰るなど、なんでも構いません。引き止めても無駄だと相手に伝われば、退職の手続きが進みやすくなるでしょう。

診断書を郵送して退職

退職届を渡したけど取り合ってもらえない、そんな企業に勤めている場合は、会社を休み、心療内科のクリニックで鬱病の診断書をもらいましょう。診断書は会社に郵送。出社さえしなければ、会社側が退職を引き伸ばそうとしても意味がありません。

なお、ハローワークで失業保険を申請する場合も「鬱病による退職」であれば待機期間なしで失業保険をもらうことができます。その際、雇用保険の書類などを会社から郵送で送ってもらうようにしましょう。

法的に雇用保険などの書類を退職者に届けることが企業に義務づけられているので、書類がいつまでも届かない場合は、内容証明郵便などでその旨を伝えれば、企業は動かざるを得ません。書類の書き方などがわからない場合は、ハローワークに相談すると良いですよ。

まとめ

仕事のしすぎや職場のストレスで体調を崩すこともあるもの。そんな時に考えるのが転職です。うつの症状が悪化する前に転職したほうが良いでしょう。そこで大切なのは会社の辞め方。場合によっては、辞表を出しただけでは辞めさせてもらえない会社もあります。そんな時は、会社を休み、辞表と鬱病の診断書を郵送、辞める旨を伝えましょう。同時に転職活動をすることも大切。おすすめは家にいながら転職活動ができる転職サイト。なかにはエリアに特化することで企業を熟知、働きやすいように転職活動を支援してくれる転職サイトもあります。このサイトでも紹介していますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー