より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

ホワイト企業の見つけ方

残業ばかりのブラック企業からホワイト企業に転職したい!と考えている人はいませんか?ここでは、ホワイト企業を見極めるポイントやおすすめの転職方法を紹介しています。今度こそ働きやすい職場に転職するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

ホワイト企業の特徴とは?その判断基準

ホワイト企業とは、福利厚生が充実していたり、離職率が低かったりと、社員が働きやすい労働環境をしっかり整えている企業のことです。一方で「過酷な長時間労働」「残業不払い」「パワハラやセクハラ」など、社員が働きにくい労働環境をもつ「ブラック企業」も存在。ブラック企業の過酷な長時間労働による社員の自殺や過労死事件が相次ぎ、問題視する声も高まっています。メディアでも大きく取り上げられ、目にしたり耳にしたりしたことのある人も多いのではないでしょうか。

どうせ転職するのであれば、働きやすいホワイト企業を選びたいですよね。ここでは、転職を考えている企業がホワイトかどうかを見分けるためのポイントをご紹介します。

転職して後悔したくない人のためのホワイト企業の見極め方

ポイント1.離職率・平均勤続年数

ホワイト企業かどうかをチェックするためには「離職率」や「平均勤続年数」は押さえておきたいところ。離職率の高さは退職者が多いということを表しているので、労働環境や条件に問題を抱えている企業の可能性があります。ただし、離職率は「別の企業でスキルアップしたい」「独立したい」なポジティブな理由による退職も含まれるので「離職率が高い=ブラック企業」と考えるのは要注意です。

また、平均勤続年数が長いかどうかもしっかりチェックしておきましょう。長時間労働を強いられる労働環境だと、年を重ねていくごとに体力が持たず、退職に追い込まれるケースもあります。そのため、平均勤続年数をチェックしておけば長く働ける企業かどうかを判断できますよ。

ポイント2.残業時間(手当)

求人票の残業時間は、忘れずにチェックしておきましょう。ホワイト企業の基準となる残業時間は、月に20時間以内がポイントです。20時間以内であれば、一ヶ月の労働日数が20日の場合、残業時間は1日1時間程度。これなら、無理なく仕事とプライベートを両立させることができます。残業手当がつくかどうかも必ず確認するようにしましょう。

ただし、企業の中には基本給の中に残業手当を含めて、高額な給与を提示しているところもあるので注意が必要です。金額だけを見るのではなく内訳も注目することで、転職後に後悔するパターンを防ぐことができます。

ポイント3.年間休日日数

サラリーマンの平均的な1年間の休日日数は約120日。土日や祝日をはじめ、お盆や年末年始に仕事を休めた場合の日数となります。

休日日数は、賃金のように最低ラインは法律で定められていません。最低基準としては、365日から法定労働時間の最大勤務日数である280日を差し引いた105日が目安となります。それを下回る企業は法定労働時間をオーバーした時間外労働が行われている可能性があります。なかには割増賃金を支払いたくないがために、サービス残業を強いる企業もあるので注意が必要です。

年間休日日数が120日の企業だと、お盆や年末年始に長期的な休みをとることができるので家族や友人と休みを合わせやすくなります。理想の働き方に合わせて、転職する企業を選ぶようにしましょう。

ポイント4.産休・育休制度の実績

女性が働きやすい企業かどうかを判断する目安になるのが「産休・育休制度」。産休は労働基準法で定められた制度ですが、企業の中には産休ではなく退職を迫るところもあります。そのため、産休や育休制度の実績があるかないかはしっかりチェックしておきましょう。実績のある企業なら、産休・育休から復帰しやすい労働環境だといえます。

女性の社会進出が進む今、働くママをサポートする体制があるかどうかは、今後ますます注目を集めていくはずです。企業がそれに追随する姿勢を見せるかどうかも、働きやすさの目安となることでしょう。今は妊娠・出産を考えていない女性も、将来のためにチェックしておくことをおすすめします。

ホワイト企業への転職成功例

「同じIT系の業種なのに…働きやすさの違いに驚き!」

以前はITベンチャー企業で働いていました。今ならブラックだと思える労働環境も「IT系のベンチャーってこんなものなのかな?」と軽く考えていたんです。やっぱりおかしいかも、と感じたのは入社から2年後のこと。雇用契約書にサインした覚えがなかったり、残業代がほとんどつかなかったり…。労働時間=会社への貢献、という考えにも納得できず転職を決意しました。

転職サイトを利用しながら活動を進め、今の仕事に就職。同じIT系の業種ですが、ノー残業デーがあったり社内イベントがあったりと働きやすさの違いに驚くばかりです。ストレスばかりの日々から解放されました。

「毎日が充実!成功のカギは転職サイトでの情報収集」

就職活動がうまくいかず、就職できるならどこでもいい!と企業情報を調べずに活動を続けて内定をGET。でも、就職した企業は、長時間労働・残業代不払い・パワハラの三拍子でブラック企業そのもの。さらに、親戚の葬式に参列するために有給を申請したら、上司から嫌みを言われたことが転職の決め手でした。

今度こそは失敗しないように転職サイトで情報集しながら、今働いている会社を見つけました。それからの日々の充実度は、今までとはとても比べものになりません。転職したい人はもちろん、まだ転職を迷っている人も、ぜひ今の仕事を振り返る意味でも転職サイトへの登録をおすすめします。

「プロのアドバイスがもらえる転職エージェントを頼るべし」

ブラック企業を辞め、研究開発職に転職しました。家に早く帰れるようになり、帰り道に見た空のまぶしさに思わず涙が出たことも。転職する際は、プロのアドバイスがもらえる転職エージェントに本当にお世話になりました。自分一人だったら、たぶん今も24時間仕事のことばかり考える日々を過ごしていたはず。

「若いときの苦労は買ってでもしろ」と無責任に言う人もいますが、買いたい人だけ買えばいいと思います。少なくとも、僕はブラック企業で売っている苦労には、もう二度と1円も払いたくないですね。

「子どもの成長を見届けられる幸せな毎日を送っています」

会社と家を往復する日々で、家族とは日曜日に顔を合わせるだけ。生まれたばかりの子どもの成長は、毎晩夜食と共に添えられる妻からの手紙で知る毎日に嫌気がさし、転職を決めました。転職サイトに登録したところ、大手の求人サイトや求人誌には掲載されていない企業と出会い、就職。今の職場は、以前働いていたブラック企業より収入は高くありません。しかし、やりがいのある仕事や気の合う仲間との出会い、そしてなにより家族と過ごす時間を得ることができて本当に幸せです。

「転職バンザイ!残業から解放されて毎日が充実」

転職エージェントで転職に成功しました。以前働いていたWEB制作会社はタイムカードなんてものは存在せず、残業代は実際の残業時間の半分以下しか支払われません。ボーナスがもらえるのも、社長に可愛がられている社員のみ。今の企業に就職してからは残業時間が大幅に減り、プライベートの時間をとれるようになりました。「転職=甘え」という人もいますが、あのままあの会社に勤めていたら体はもちろん精神的にも追い詰められていたはず。転職して良かったと心から言えます。

自分なりのホワイト企業の基準を見つける!

働きやすいと感じる基準は、人それぞれ違います。趣味を充実させるために残業時間や休日日数を重視する人もいれば、仕事の評価として給料の金額が気になる人もいるでしょう。成功談の中には、前職より給料は下がったけれど家族と過ごす時間がとれて幸せだと感じている人もいます。

自分なりの「働きやすい企業」の基準を見つけて、それに合った転職先を探すことが大切です。理想的な転職先を探すには、企業の労働環境や条件などの情報を集めることが必要不可欠。けれど、一人で集めるには時間と労力がかかってしまいます。

自分にぴったりのホワイト企業に転職するためには、企業をよく知るプロのアドバイスをもらうことが一番の近道です。そのためには、豊富な求人数や企業情報に強い転職サイトやエージェントの利用をおすすめします。

地域密着型のエージェントであればエリアの企業情報に強いので、地元で転職を考えている人にイチオシ。一人ひとりの希望やスキルに合わせて転職先を紹介してもらえるため、効率的にホワイト企業への転職を進めることができますよ。一人で悩まずにプロの力を借りて、理想とする企業への転職の夢を叶えてみてはいかがでしょうか。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー