より良い条件で転職するための情報サイト【京都編】

京都でのあなたの転職を成功へとナビゲートします

HOME自分の希望を実現させる転職の手順
ワークライフバランスの良い会社に
転職するためにやるべきこと

【京都限定】転職を必ず成功させるためのサイト

ワークライフバランスの良い会社に
転職するためにやるべきこと

近年仕事と私生活を充実させる、ワークライフバランスの重要性に注目が集まってきています。このページでは、ワークライフバランスの良い転職するための注意点やおすすめの転職方法を紹介しているので、参考にしてみてください。

ワークライフバランスの良い会社に転職するために注意すべき点

そもそもワークライフバランスってなに?

ワークライフバランスとは、文字通りワーク(仕事)とライフ(私生活)のバランスのことです。ライフの部分になにを重視するのかは、人それぞれ違います。家族と過ごす時間だという人もいれば、趣味に没頭する時間を持ちたいという人もいるでしょう。

仕事をしながら私生活も充実させることが、理想的なワークライフバランスのとりかたです。しかし、現代では違法な長時間労働による自殺や過労死事件も相次いで起こっています。なにかとメディアで問題視される「ブラック企業」と呼ばれる企業が、ワークライフバランスがとれていない典型的なパターンだといえるでしょう。

ワークライフバランスがうまくとれていない生活だと、体はもちろん、心の健康にとっても危険信号です。どんなに過酷な労働条件の中で「家族を養うために」と我慢をしていても、体を壊してしまっては仕事を続けることすらできなくなってしまいます。また、私生活すらままならない状況になる可能性も。そうなってしまう前に、現在の生活を振り返ってみましょう。「今の生活を変えたい」「仕事も私生活も充実させたい」という人のために、ワークバランスのとれた企業に転職するためのポイントをご紹介します。

ワークライフバランスの良い企業に転職するための4ヶ条

  • その1.高い給料に惑わされるな!残業手当をチェックすべし!

求人票に書かれた給料の高さだけをみて「こんなにもらえるんだ!」と飛びつくのは危険です。実は、基本給に「みなし残業手当」が含まれてる可能性があります。知らずに転職してしまうと、長時間労働を強いられ、私生活の時間がとれない…なんてことになりかねません。そのため、求人票をチェックするときは給料の内訳が記載されていないかを確認するようにしましょう。平均年収より明らかに高い給料を提示している企業は注意が必要です。

残業はワークライフバランスをとるためのカギを握る重要な要素です。たとえば週に5日間の勤務で1日の残業を2時間減らすことができれば、10時間も自由な時間ができます。その時間を家族との時間に使ったり、趣味に使ったりできるようになるのです。また、私生活を充実させることで精神的な余裕ができ、仕事への集中力もアップ。その結果、仕事の効率や質をあげることも可能。仕事にやりがいが生まれ、理想的なワークライフバランスがとれた毎日を送れるようになります。

  • その2.年間休日数を必ずチェックすべし!

年間の休日数が多ければ多いほど、メリットもたくさんあります。理想的な年間休日数は120日で、求人要項を確認する際にチェックしてほしいポイントの一つです。年間休日数が120日と100日の会社では、1年間で20日の差が出てしまいます。たとえば、40年間務めたと仮定すると800日!なんと2年以上の差が出てしまいます。年末年始やゴールデンウィークに長期休暇を取得できれば、家族や友人と旅行を楽しむことも可能です。

では、休日が少ないことによるデメリットはなんでしょうか。まず家族や友人と休みが合わないため、交流が減ります。体を休める時間がないので、疲れがたまり仕事へのモチベーションもダウン。それらが合わさることで負のスパイラルに陥ってしまう可能性もあります。いくら残業代が出ると言っても、休日が少なければなんのために働いているのかわかりません。仕事と生活のバランスと保つためにも、ワークライフバランスの良い会社を選ぶ必要があります。

  • その3.産休・育休制度があるかチェックすべし!

福利厚生がしっかり整っている会社を選ぶことも、ワークライフバランスを保つことにつながります。特に女性は、産休・育児制度が充実しているところを選びましょう。人生の大きなイベントである出産を、いかにストレスなく乗り切れるかのポイントになります。もちろん男性も育休をとることができるので、制度の整った会社を選んでおくと良いでしょう。

また、職場が産休後に復帰しやすい雰囲気かどうかも重要です。先輩や同僚がサポートしてくれる環境であれば、育児もキャリアもあきらめずに両立することができます。逆に産休や育児制度が明記されていない会社は、ブラックの可能性あり。なぜなら、産休は労働基準法で定められた制度だからです。そのような会社に転職してしまうと、家庭と仕事の両立がむずかしくなってしまいます。

産休や育休制度は、企業が働く女性をサポートする姿勢があるかどうかを判断するための大きな目安の1つ。「働くママとして輝きたい!」「将来子どもを産んでも仕事を続けたい!」と思うのであれば、転職してから後悔しないようにしっかりチェックしておきましょう。

  • その4.リアルな声が聞ける口コミサイトやSNSを利用すべし!

ワークライフバランスのとれている企業を選ぶには、実際にそこで働いている社員の声を聞くのが一番の近道です。知人が働いていれば話を聞くことができますが、そういった存在がいない人も多いでしょう。そんなときは、転職サイトの口コミをチェックしてみるのをおすすめします。実際に働いている、もしくは過去に働いていた人たちからのセキララな企業情報や労働環境を知ることができるので、ブラック企業かどうかの判断にも◎。ただし、口コミは感情的に書かれているものも多いので、あくまでも参考程度に留めておくようにしましょう。

そのほかにも、SNSで転職を希望する企業で働いている人を探して、日記やつぶやきを見てみるのもいいですね。仕事の話しかしていない、愚痴ばかりをつぶやいている場合、プライベートが充実していない可能性大。逆に、趣味の話や旅行に行った写真を多くあげているのであれば、自分の時間をしっかりとれる働き方をしていると考えられます。自分の理想とする「ワークライフバランス」がとれるかどうかを判断できるので、ぜひチェックしてみましょう。

まとめ

転職をする際に気をつけてほしいことを紹介してきましたが、いかがでしたか。仕事と私生活の充実は、長い人生を楽しむためのポイントにもつながります。ワークライフバランスを意識した人生を送るためには、自分の理想とする働き方ができる企業かどうかを見極めることが大切です。

転職はこれからの人生を決める分岐点の1つ。企業探しから、書類・面接対策まで一人でこなそうと思うとかなりの時間や労力がかかってしまいます。転職を焦るあまり、企業の情報をろくに集めずにブラック企業を選んでしまっては「こんなはずじゃ…」「思っていたのと違う」と後悔してしまうことに…。そうならないためにも、一人で悩まずにプロの力を借りてアドバイスをしてもらいましょう。

転職を成功させる方法としておすすめなのが「転職エージェント」の活用です。求職者と企業を橋渡ししてくれる経験豊富なコンサルタントが、一人ひとりの希望や経歴にあった転職をサポート。地元密着型の転職エージェントであれば、エリアの企業情報に強いので理想のワークライフバランスがとれる転職先を探してもらえます。求人サイトでは公開されない非公開求人を多数持っているエージェントを選ぶことで、より有利に転職を進めることも可能。無料の相談会を開催しているエージェントもあるので、ワークライフバランスを整える第一歩として足を運んでみてはいかがでしょうか。

京都の転職情報サイトNavi

京都で転職を成功させるために

転職を成功させるためにすべきこと

求職活動を始めるのならば、まずは転職サイトへ情報登録するのが定石。数ある転職サイトから求人件数が豊富なことを第一条件に、京都で転職するなら必ず登録しておくべき鉄板サイトを、大手系と地域密着系を合わせて3つピックアップしました。

カテゴリー